【Uber Eats東京】配達エリア、稼げる時給、登録方法、など総まとめ

【ウーバーイーツ東京】配達エリア、登録方法、稼げる時給など総まとめ
『おいしいデリバリー』オガワ編集長
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

フードデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)は日本では2016年9月に東京でサービス開始しました。

その後、どんどんエリア拡大していき、今では全国47都道府県でサービスを展開しています。

このページでは、東京でUber Eats(ウーバーイーツ)が利用できるエリアやレストランはどこか?

また、ウーバーイーツ配達員とも呼ばれているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法や時給はいくらくらい稼げるのかをご紹介します。

東京でUber Eats(ウーバーイーツ)を利用したい方、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録して稼ぎたい方は要チェックです!

東京のUber Eatsまとめ

  • 東京23区のUber Eatsエリアは全域で利用可能
  • 23区外は日の出町、檜原村、奥多摩町以外は利用可能
  • 初回限定クーポンを使えば3,400円割引で注文可能
  • 料理代金に加え、送料50円~とサービス手数料10%がかかる
  • Uber Eats配達パートナーは全てオンライン上で登録できる
  • Uber Eats配達パートナーはUber公式サイトから登録して7日で稼働できる
  • 東京の配達の収入の相場は都心エリアで時給1,800~2,000円、郊外で1,500~1,800円くらい

Uber Eatsクーポン情報

Uber Eats フード注文

今Uber Eatsでは初回限定で合計3,400円割引クーポンを配布中です!

Uber Eatsを初めて利用する方は、Uber Eatsアプリの「クーポン・プロモーション」欄に以下のプロモーションコードを入力すると、1,700円×2回の合計3,400円割引クーポンが入手できます。

クーポンを利用すれば、多くの場合、店舗で食べるより安く利用できるので、まだUber Eatsを利用したことがない方はぜひご活用ください!

【プロモーションコード】
やっぱり

タップしてコードをコピーする
 

【Uber Eats公式アプリ】
割引クーポンをGETする

※1,800円以上の注文に限りクーポン適用されます。

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)は2016年9月に東京で港区と渋谷区で始まりました。

その後、東京23区の他の区に範囲が広がり、今では東京の市でも利用できるようになりました。

東京23区のUber Eats(ウーバーイーツ)エリア

東京23区は全てのエリアでUber Eats(ウーバーイーツ)が利用できます。

以前はお台場や新木場辺りの臨海副都心エリアは利用できませんでしたが、現在は利用できます。

羽田空港付近や埠頭の方など一部利用できないエリアもありますが、基本的には東京23区内は全てのエリアでUber Eats(ウーバーイーツ)が利用できますので、ぜひ一度利用してみてください!

東京23区外のUber Eats(ウーバーイーツ)エリア

2019年7月30日から東京23区以外でもUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアが拡大しました。

現在の東京23区外のUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアは以下の通りです。

  • 八王子市
  • 立川市
  • 武蔵野市
  • 三鷹市
  • 青梅市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 町田市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 福生市
  • 狛江市
  • 東大和市
  • 清瀬市
  • 東久留米市
  • 武蔵村山市
  • 多摩市
  • 稲城市
  • 羽村市
  • あきる野市
  • 西東京市
  • 瑞穂町

東京23区外のUber Eats(ウーバーイーツ)エリア

青いエリア内がUber Eats(ウーバーイーツ)が利用できるおよその範囲ですが、東京都の日の出町、檜原村、奥多摩町以外(島部を除く)は利用できます。

東京の詳しい配達エリアは、Uber Eatsのアプリをダウンロードして配達先住所を入力すれば確認できます。

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)営業時間

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間は配達エリアによって異なります。

営業時間 エリア
7時~25時 23区
8時~25時 武蔵野市、三鷹市、小平市、立川市、調布市、八王子市
9時~24時 その他のエリア

営業時間長いですよね!朝食や夜食でも利用できます。

もちろんレストランによって営業時間は変わります。

午前11時頃からオープンするレストランが多く、朝の早い時間帯はローソンやマクドナルドのような大手チェーン店がほとんどです。

Uber Eats(ウーバーイーツ) 出前/フードデリバリー

Uber Eats(ウーバーイーツ) 出前/フードデリバリー

Uber Technologies, Inc.無料

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)加盟レストラン情報

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)では、地元で人気の個人レストランから大手チェーンレストランまで加盟しています。

ミシュラン星付きの予約が取れにくいレストランやコンビニの商品もデリバリーできます。

実際に東京で注文できるレストランを一部ご紹介します。

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)レストラン情報

東京のUber Eatsレストランの一部

東京のUber Eatsレストランの一部

  • ローソン(コンビニ)
  • マクドナルド(ハンバーガー)
  • ゴンチャ(タピオカドリンク)
  • すしざんまい(寿司)
  • つけ麺屋やすべえ(ラーメン)
  • クリスプサラダワークス(サラダ)
  • うしごろバンビーナ(焼肉)
  • ウーピーゴールドバーガー(ハンバーガー)

このような大手チェーン店から個人レストランの料理が、自宅やオフィスなどにデリバリーできます。

その他の東京のレストランは、Uber Eatsのアプリをダウンロードして配達先住所を入力すれば確認できます。

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー情報

東京でウーバーイーツ配達員に登録して働くには?

ウーバーイーツ配達員とも呼ばれているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはレストランの料理を注文者(ユーザー)に届ける仕事です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録すれば、レストランの料理を配達してお金を稼ぐことができます。

普通のバイトだとシフトとかあって決まった時間に働きますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはシフトや時間の制限はありません。

アプリを起動させるだけで、「仕事終わりに2~3時間だけ」「土日のお昼だけ」など自分の好きな時に自由に働けます。

配達報酬は時給制ではなく完全出来高制なので、働けば働くほど稼ぐことができます。

そんなUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーですが、現在は東京でも登録を募集しています!

ここでは、東京でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録して働く方法をご紹介しますので、東京でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をして稼ぎたいという方はご覧ください!

なお、Uber Eats配達パートナーについては以下の記事に詳しく記載していますのでご覧ください。

ウーバーイーツ配達員って実際どうなの?仕事内容、特徴、一般的なバイトとの違いなどを解説!
Uber Eats配達パートナーの仕事内容、特徴、収入などをベテラン配達員が徹底解説!【ウーバーイーツ配達員まとめ】Uber Eats配達パートナーとは何か、具体的な仕事内容、メリット・デメリット、稼げる収入、登録方法、配達の流れや他の配達バイトとの比較などを網羅的に解説します。...

東京でUber Eatsは時給いくら稼げる?

東京でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは時給いくらくらい稼げるのでしょうか?

実際に私は都内(三軒茶屋付近)でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしていますが、配達1回の収入は平均500~650円ほどです。配達時間は1件15~20分くらいなので、ピークタイムだと時給2,000円以上も可能です!

東京都心エリアの平均時給は1,800~2,000円くらいで、東京郊外は時給1,500~1,800円くらいが相場かなと思います。

報酬はあくまでも目安であり、時間帯や曜日、配達車両、そして個人の経験などによって異なります。

自分のペースで自由に働けてこのくらいの時給が稼げるのは、副業に最適ですし、普通にバイトするより全然いいのではないでしょうか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはもちろん登録無料ですので、少しでも興味がある方は登録することをおすすめです!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの収入については以下の記事に書いてますのでご覧ください。

ウーバーイーツ配達員は稼げるの?
Uber Eats配達パートナーの給料事情!実際に収入をどれくらい稼げるか徹底解説【ウーバーイーツ配達員の給料まとめ】自分の好きなタイミングで自由に働けるUber Eats配達員は時給や日給いくらくらい稼げるのでしょうか?実際に働いて検証したり、現役配達員にアンケート調査しました!...

東京のUber Eatsで稼げるエリアやコツ

同じ東京のUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアでも稼げる人と稼げない人がいますが、どうすればより稼げるようになるのでしょうか?

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐコツは、ピーク料金」が発生しているエリアで配達すること。

ピーク料金は通常の配達料に数百円の追加インセンティブが発生するので稼げます。

また、ピーク料金があるエリアは需要があるエリアということなので、基本的に稼ぎやすいエリアです。

具体的にどのエリアにピーク料金が発生しやすいかというと、豊島区、新宿区、渋谷区、港区、目黒区の繁華街エリアですね。平日お昼ですと中央区、千代田区のオフィス街もいいです。

その他のUber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐコツは以下の記事に書いてますのでご覧ください。

UberEats(ウーバーイーツ)配達員の報酬を2倍に増やす方法
Uber Eats(ウーバーイーツ)が稼げない原因は?配達で効率的に稼ぐコツこのページでは、効率よく働いて、ウーバーイーツ配達員の売上(報酬)を2倍に増やす方法をご紹介します。Uber Eatsをやっていてもあまり稼げない方、これからやろうとお考えの方は参考にして頂ければと思います。...

東京でUber Eats配達パートナーに登録する方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは18歳以上であれば誰でもできます。普通のバイトのように履歴書も面接もなく、誰でも気軽に簡単に始めれます!

配達で使える乗り物は自転車か原付バイクです。事業用車両であれば125cc超のバイクと軽自動車も可能です。

現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録するには、全てWEB上で完結でき、スムーズにいって7日くらいで登録完了できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録手続きの流れは以下の通りです。

Uber Eatsの登録の流れ

  1. Uber公式サイトからアカウント作成する
  2. プロフィール写真や身分証をアップロードする
  3. 銀行口座を登録する
  4. WEBで配達バッグを購入する
  5. 交通ルールクイズに答えるとアカウントが有効になる

Uber Eats配達パートナーをするには、まずはこちらのUber公式サイトから、メールアドレスを入力してアカウントを作成します。

登録したらサイトの指示に従い、身分証明書(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード)をアップロードし、報酬を受け取るための銀行口座情報を入力してアカウント設定を進めます。

アカウント設定が完了したら、通常は大門(浜松町)にあるUber Eatsパートナーセンターに一度行かなければいけないのですが、現在は新型コロナウイルスの影響で閉鎖中です。

閉鎖中の間はUber Eatsパートナーセンターに行かなくてもオンライン上で全ての登録手続きが完了できます。

身分証などをアップロードしてから3~5日くらいしたらUber Eats(ウーバーイーツ)からメールが届きます。

そのメールにある交通ルールクイズおよび質問事項に回答すると、アカウントの最終チェックが行われ、48時間以内にアカウントが有効になります。

配達バッグについてはメールで案内も届きますが、「Uber Eats WEBショップ」などで購入してください。詳しくは「Uber Eatsの配達で使えるバッグは?」に記載しています。

東京で配達できるようになるまで、Uber公式サイトから登録してから最短でも1週間くらいかかりますので、早めに登録することをおすすめします!

Uber Eats配達パートナーの詳しい登録方法は以下の記事に詳しく書いていますのでご覧ください。

ubereats_touroku
Uber Eats配達パートナーの登録方法・始め方をわかりやすく解説【スクショ画像付き】【最新版】ウーバーイーツ配達員の始め方を詳しく解説!ウーバーイーツ配達員は18歳以上であれば誰でも登録できます。登録条件、必要なもの、登録手順などをスクショ画像を使って丁寧に説明します。...

東京のUber Eatsパートナーセンターの場所(閉鎖中)

東京のUber Eatsパートナーセンター

住所 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル1F
アクセス 大門駅より徒歩4分
営業時間 12:00〜19:00(祝日定休)
地図

既に書いている通り、東京を含む全国のUber Eatsパートナーセンターは新型コロナウイルスの影響で閉鎖しています。

ですので、東京のUber Eatsパートナーセンターに行っても対応できませんので、行かないでくださいね。

Uber Eatsパートナーセンターの再開は今のところは未定です。

ちなみに、Uber Eatsパートナーセンターは何ができるところかというと、最終的な登録手続きはもちろん、Uber Eats(ウーバーイーツ)に関する質問や配達バッグの交換(壊れた場合)などができます。

再開の情報などが分かり次第、情報をアップデートしますのでそれまでお待ちください。

東京のUber Eatsエリア外に住んでる人は登録できない?

東京のUber Eatsエリア外に住んでる人は登録できない?

自転車を持っていない方や自宅が東京のUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアから遠い人は、レンタル自転車を借りて稼ぐという方法もあります。

東京にはレンタル自転車やシェアサイクルがたくさんあるので、それを利用すればUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアに住んでいなくても配達できます。

例えば、NTTドコモが運営している電動アシスト自転車のレンタサイクル(通称:赤チャリ)があります。

赤チャリとは、docomoが運営している電動アシスト自転車のシェアサイクルで、好きな場所で借りられて、好きな場所で返すことができるレンタサイクルです。

サイクルポートにある自転車にICカードをタッチすることで誰でも借りることができます。

赤チャリに乗ってUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしている人は結構多いです。

ちなみに、都心部であれば自転車とバイクは同じくらい稼げますが、郊外であればバイクの方が稼ぎやすいです。

デリバリーバイトを専業にするくらい本気で稼ぐなら、バイクで配達した方が疲れないですしおすすめです!

UberEats(ウーバーイーツ)は専業(本業)で生計立てれる?
Uber Eats(ウーバーイーツ)は専業(本業)で生活できる?ウーバーイーツ配達員を副業やバイトでやっている人の中には、専業(本業)でやりたいと考えている人もいますよね。結論から言うと、Uber Eatsを専業でやることは物理的に出来ますが、精神的・体力的にはキツイです。...

東京で他の配達バイトと掛け持ちする

最近、東京ではUber Eats(ウーバーイーツ)と同じようなシステムのフードデリバリーの配達バイトが増えてきました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)と他のデリバリーバイトを同時にオンラインにして、先に鳴った方の配達をするということもできますので、掛け持ちして稼働すれば効率よく稼げます。

といいますか、稼いでいるほとんどの人は複数のフードデリバリーを掛け持ちしています。

現在、東京でUber Eats(ウーバーイーツ)以外で配達バイトができる主なフードデリバリーサービスは以下の通りです。

詳しくは以下の記事で比較して紹介していますのでご覧ください。

ちなみに、おすすめは出前館です。

出前館といえば、自店舗で雇っているアルバイトが配達しているイメージがあるかもしれませんが、最近はUber Eats(ウーバーイーツ)と同じような業務委託の配達員も登録できるようになりました。

配達1件あたりの報酬も高く、土日は1件あたり約2,000円になることもありますし、配達依頼件数も多いのでエリアによってはUber Eats(ウーバーイーツ)より稼げます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)と併用することで、日給2万円以上稼いでいる人も結構多いですよ!

出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の掛け持ちは、もはや必須と言えるくらい皆やっているので、まだ出前館の配達員に登録していない方は今から登録しておきましょう!

出前館配達員の主な特徴は?

出前館 配達パートナー募集

  • 47都道府県で登録可能!日本全国ほとんどのエリアで配達できる
  • 配達1件あたり平均700~800円!配達報酬がフードデリバリーの中で一番高額
  • エリアや曜日、時間帯などによるが時給にすると平均1,400~2,000円くらい稼げる
  • 注文者に名前や顔写真が表示されないので個人情報が知られない
  • 自転車とバイクなど配達車両を複数登録できる
  • スタッフに電話やメールで連絡できるので、配達仕事未経験者でも安心

出前館配達員の登録はこちら

※登録は面接もなくWEBだけで完結。申し込みから約3日で稼働できます。

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)注文者向け情報

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)注文者向け情報

フードデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)で料理を注文しようと思ってみたものの注文方法やアプリの使い方がイマイチ分からないという人も多いと思います。

この項目では、東京でUber Eats(ウーバーイーツ)を注文する方法や送料はいくらかかるかなどをご紹介します。

東京でUber Eats(ウーバーイーツ)を注文したいという方は読み進めてください!

東京のUber Eatsの注文料金

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)では料理代金の他に、配送手数料(送料)とサービス料が掛かります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の送料は50円~で、距離や需要によって送料が決まり、基本的には配達先から近いレストランほど安い送料で注文できます。

さらに、送料の他に料理代の10%のサービス手数料(上限350円)がかかります。

例えば、料理代が1,500円でしたらサービス手数料150円になります。

結構高いですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)には「Uber One」という送料定額サービスがあります。

月額プラン498円(年間プラン3,998円)のUber Oneを購入すれば、回数無制限で何度でも送料が無料になります。

だいたい月に2回以上注文すれば元は取れますよ!

東京でUber Eatsの注文するには?

東京でUber Eats(ウーバーイーツ)の注文するには、Uber EatsのアプリをダウンロードしてUberアカウントを作成します。

携帯電話番号を入力してSMS認証し、メールアドレスや名前(偽名OK)などを登録すれば利用できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払いはクレジットカード、デビットカード、現金が利用できます。

電子マネーだと、交通系ICカード(SUICA、PASMOなど)は利用できませんが、PAYPAY、LINE Pay、Apple Pay、楽天ペイは利用できます。

ちなみに、Uber Eats(ウーバーイーツ)の料理が注文できるのは自宅やオフィスだけではありません。ビジネスホテルや屋外(代々木公園や上野公園など)にも配達してくれます。

出張や旅行、お花見やピクニックするときにも利用してみてくださいね!

東京で使えるUber Eatsクーポン

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)には初回限定でお得な割引クーポンがあります。

Uber Eatsのアプリの「プロモーション」欄に、当サイト限定のプロモーションコード【やっぱり】を入力しますと3,400円の割引クーポンがGETできます。

場合によっては、お店で食べるより安く利用できますので、ぜひ活用してください。送料無料のUber Oneと併用して利用することもできますよ!

東京で使えるUber Eats以外のデリバリーのクーポン

東京にはUber Eats(ウーバーイーツ)の他にも初回限定クーポンを発行している出前・フードデリバリーサービスがあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のクーポンを使用したあとは、他のフードデリバリーサービスを利用するとお得に使えます。

現在、東京で初回限定クーポンが利用できるフードデリバリーサービスは以下の通りです。よかったらアプリをダウンロードしてクーポンを利用してみてください。

出前アプリ名 クーポン割引額 クーポンコード
Uber Eats 3,400円 やっぱり
出前館 1,500円 UFJ202405
menu 1,200円×1回・700円×4回 MAUC_KFAB75
Wolt 1,000円×4回 WAFI40
期間によってクーポン金額が変わる場合もあります。

東京でUber Eatsに店舗を登録するには?

東京でUber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を登録するには?

東京で飲食店を経営している個人店や飲食企業にお勤めの方で、Uber Eats(ウーバーイーツ)に店舗の加盟を検討している方も多いと思います。

この項目では、Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店舗向けの情報をご紹介します。

東京でUber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を出店させたいという方は読み進めてください!

Uber Eats店舗の登録はこちら

東京でUber Eatsの店舗の売り上げはいくら?

東京のUber Eatsの店舗の売り上げはエリアや飲食店のタイプによっても変わるので何とも言えませんが、私が取材した恵比寿の飲食店はお店全体の売り上げの25%くらいがUber Eats(ウーバーイーツ)の売り上げだそうです。

1日の売り上げが10万円の店舗なら2万5千円がUber Eats(ウーバーイーツ)の売り上げということですね。

なお、売り上げを伸ばす伸ばす方法については以下の記事に詳しく記載していますのでご覧ください。

Uber Eatsの店舗の売り上げを伸ばす9つの方法【飲食店側】私が実際に実践して効果があると感じたUber Eats(ウーバーイーツ)の店舗の売り上げを伸ばす方法を9つご紹介します。¥ウーバーイーツへ加盟したレストランの売り上げが伸び悩んでいる方、もっと売り上げを伸ばしたい方は参考になると思いますよ!...

東京でUber Eatsに店舗を登録するには?

東京でUber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を出店するにはUber Eatsレストラン公式ページから申し込み、以下の手順で登録します。

Uber Eatsの店舗の登録手順

  1. 登録する店舗の情報を入力
  2. Web合同説明会に参加する
  3. 営業許可証やメニューを提出して契約書にサインする
  4. 銀行口座・請求書の設定をする
  5. 最終確認フォームを入力したら営業開始可能

書類の不備がなければ、最短7日で東京で営業開始できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)にレストランを出店するには初期費用や月額費用はかからず、リスクなく出店できます。

ただし、サービス料として売り上げの35%が差し引かれるため、ほとんどのレストランは店舗で提供している料金よりも30%程度高い料金を設定しています。

手数料は高いですが、リスクがないので出店を考えているレストランにとっては魅力的な選択肢と言えます。

初期費用や固定費は掛からないのでリスクなく出店できるのは良いですよね。

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)エリア内でレストランを経営している方は、よかったらUber Eats(ウーバーイーツ)レストランに登録を申請または問い合わせしてみてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を登録する方法などは以下の記事に書いてますのでご覧ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を登録する方法や出店費用を解説【レストラン側】
Uber Eatsに店舗を登録する方法をスクショ画像付きで解説【飲食店側】【レストラン側】Uber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を登録する費用や手数料はいくら掛かるのか?店舗の登録するにはどうするのか?実際に私も登録しましたので、スクショ画像付きで詳しく解説します!...
Uber Eats店舗の登録はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)にレストランを出店するのに、初期費用や月額費用などは一切掛かりません。

ただし、上記でも記載した通り、サービス料として売り上げの35%差し引かれます。

結構高いですよね・・・。ですので、ほとんどのレストランは店舗で提供している料金より30%~35%くらい高い料金を設定しています。

手数料は高いですが、初期費用や固定費は掛からないのでリスクなく出店できるのは良いですよね。

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)エリア内でレストランを経営している方は、よかったらUber Eats(ウーバーイーツ)レストランに登録を申請または問い合わせしてみてください。

Uber Eats店舗の登録はこちら

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)情報まとめ

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)についてご紹介しました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の魅力は、地元の個人レストランや大手チェーンレストランの料理が自宅やオフィスで、手軽にデリバリーできること。

さらにUber Eats(ウーバーイーツ)はクーポンを利用すれば、普通にお店で食べるより安く利用できますので、まずは一度利用してみてください!

そして、その料理を運ぶことでお金を稼ぐことができるウーバーイーツ配達員とも呼ばれているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー。

自分の好きな時にいつでも稼げるので副業に最適ですし、普通にバイトするより全然おすすめです!

私もUber Eats(ウーバーイーツ)で配達をしてから金銭面はもちろん、精神面にも余裕ができました。

もちろんUber Eats(ウーバーイーツ)の登録は無料です!初期費用や月額料金などは一切かかりませんので、はっきり言えばリスクはありません。登録してから配達するかどうか考えればいいです。

ですので、東京でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに少しでも興味があれば登録しておくことをおすすめします!

自由な働き方、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをぜひ東京で体験してみてください!

ABOUT ME
『おいしいデリバリー』オガワ編集長
『おいしいデリバリー』オガワ編集長
日本最大級の出前・宅配・フードデリバリー情報メディア『おいしいデリバリー』の編集長。2017年8月にUber Eatsに登録して以来、複数のフードデリバリーサービスで配達員を経験している。
初めての配達バイトにオススメ
Uber Eats配達パートナー
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員
暇な時間をお金に変えよう!
記事URLをコピーしました