テイクアウトの売上を伸ばすならUber Eatsを活用しよう【飲食店側】

『おいしいデリバリー』オガワ編集長
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

Uber Eats(ウーバーイーツ)にはデリバリーの他にテイクアウト機能もありますが、多くの飲食店ではこの機能を設定していなかったり、デリバリーと同じ料金設定にしています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のテイクアウトを効果的に活用すれば、売り上げの増加が期待できますよ!

この記事では、テイクアウトの売上を伸ばしたい飲食店や、まだUber Eats(ウーバーイーツ)のテイクアウト機能を活用していない飲食店に向けて、その利用方法を詳しく解説します。

Uberレストランパートナーの主な特徴は?
Uber Eats レストランパートナー募集
  • 47都道府県で出店可能!日本全国ほとんどのエリアで出店できる
  • 初期費用・固定費が完全無料なのでリスクなし!
  • 手数料は売上の35%ですがカード決済手数料や銀行振込手数料などは無料!
  • 他のデリバリーサービスより注文数が断トツ1位!
  • 公式サイトから申し込んで最短7日で営業開始できる

Uber Eatsに出店を申し込む

※申し込み後にUberの担当者が付くため、分からないことは気軽に聞くことができます。

飲食店がテイクアウトを導入するメリット

飲食店がテイクアウトを導入するメリット

飲食店の売上は業態によって異なりますが、主に店舗内での飲食、デリバリー、テイクアウト、通販の4つが考えられます。

その中でテイクアウトを導入するメリットは次の点にあります。

  • 店内での食事以外にも売上を増加させることができる。
  • 店舗の混雑を緩和できるため、ピーク時の顧客対応がスムーズになる。
  • 忙しい顧客にとって便利な選択肢となり、顧客満足度を向上させられる。
  • 顧客が自宅やオフィスで食事を楽しむことができるため、店舗の物理的な制約に影響されずに売上を拡大できる。
  • テイクアウト用のパッケージにロゴを印刷することで、ブランドの認知度を高めることができる。
  • 家族連れや高齢者など、店内での食事が難しい顧客にもアプローチでき、新たな顧客層を獲得できる。
  • 競合他社に対抗し、独自のテイクアウトメニューやサービスを提供することで、競争力を強化できる。

以上の理由から、テイクアウトの導入は多くのメリットをもたらし、店舗の総合的な売上と顧客満足度を向上させる効果が期待できます。

さらに、Uber Eats(ウーバーイーツ)などのフードデリバリーサービスが高いと感じる顧客にとって、テイクアウトは魅力的な選択肢です。

特に、既にUber Eatsを導入している店舗であれば、容器や機材も整っているため、テイクアウトを導入しない理由はありません。

注文数No.1

Uber Eatsのテイクアウトを導入すべき4つの理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)のテイクアウトを導入すべき4つの理由

飲食店がUber Eats(ウーバーイーツ)のテイクアウトを活用した方が良い理由は主に以下の4つです。

  • テイクアウトの売上増加が期待できる
  • Uber Eatsのテイクアウトの手数料は商品代金の12%
  • Uber Eatsのアプリにはテイクアウト可能な飲食店が地図表示される
  • お客さんを待たせなくて良い

ひとつずつ解説します。

テイクアウトの売上増加が期待できる

テイクアウトの売上増加が期待できる

Uber Eats(ウーバーイーツ)のテイクアウトを導入することで、テイクアウトの売上増加が期待できます。

最近では、スマートフォンのアプリを使って事前に注文と支払いを行い、店舗で受け取るサービスの利用者が増えています。

特に有名なのはマクドナルドです。マクドナルドによると、来店客のうち約16%がモバイルオーダーを利用しており、ランチタイムなど混雑する時間帯では半数以上がモバイルオーダーという店舗もあるそうです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリでもテイクアウト予約ができ、若者を中心に利用者が増えています。

今後もこの傾向は続くと予想されるため、テイクアウトの売上を伸ばしたい飲食店には、Uber Eats(ウーバーイーツ)のテイクアウトサービスの導入をおすすめします。

Uber Eatsのテイクアウトの手数料は商品代金の12%

Uber Eats(ウーバーイーツ)のテイクアウトの手数料は商品代金の12%です。デリバリーの手数料が35%であるのに比べて、かなり安く設定されています。

テイクアウトとデリバリーで商品価格を変えることができるため、テイクアウトの料金は店舗と同じ価格にすることを推奨します。

Uber Eatsに12%の手数料を支払うのに、店舗と同じ価格では割に合わないと感じるかもしれませんが、キャッシュレス決済手数料がかからないことや、広告費・掲載料と考えれば妥当な金額ではないでしょうか?

Uber Eatsのアプリにはテイクアウト可能な飲食店が地図表示される

Uber Eats(ウーバーイーツ)をテイクアウト可能な店舗を探すために利用している人もいます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリにはテイクアウト可能な飲食店が地図表示される

Uber Eatsのアプリには、テイクアウト対応の店舗を地図上に表示する機能があります。

その地図を活用してテイクアウト可能な店を見つけ、アプリを通さず直接その店舗に足を運び、テイクアウトをするという利用方法もあります。

まるでGoogleマップのような使い方ですね。

お客さんを待たせなくて良い

テイクアウト専用のカウンターがない店舗では、店内が混雑している際にお客さんの待機場所に困ることがありますよね。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)でテイクアウトを利用すれば、商品の完成予定時間が分かり、支払いも事前に済ませることができるので、店内で待つ必要がありません。

これにより、お客さんは待ち時間を省け、店舗側も待機場所に悩まされることがなくなるので、双方にとってWin-Winな状況です。

初期費用・月額固定費0円

Uber Eatsレストラン公式ページから申し込み後、最短7日で営業開始できます。

Uber Eatsのテイクアウトの売上はどれくらい?

Uber Eats(ウーバーイーツ)のテイクアウトによる売上は店舗によって異なりますが、現状ではあまり多くはありません。Uber Eats全体の売上の約5%を占める程度です。

一般的なレストランよりも、カフェやたこ焼き屋のようなテイクアウトを主にしている店舗の方が利用頻度が高い傾向にあります。

それでも、今後はUber Eats(ウーバーイーツ)のテイクアウトの利用が増えると予想されるため、導入しておくことに損はないと思いますよ。

まとめ

飲食店がUber Eats(ウーバーイーツ)のテイクアウトを導入すべき理由について紹介しましたが、最後にまとめます。

当記事のまとめ
  • テイクアウトアプリの利用者は増加傾向にある
  • Uber Eatsのテイクアウトの手数料は商品代金の12%
  • Uber Eatsのテイクアウトの料金は、店舗と同じ価格にすることを推奨
  • Uber Eatsのアプリでは、テイクアウト可能な飲食店が地図上に表示される
  • 店舗にもよるが、Uber Eatsのテイクアウトの売上げはUber Eats全体の売上の約5%程度

Uber Eats(ウーバーイーツ)のテイクアウト機能は、テイクアウトを実施している店舗だけでなく、Uber Eatsを利用しているものの、デリバリーサービスをまだ提供していない店舗にもおすすめです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)にテイクアウトを導入する方法は簡単で、Uber Eatsレストランマネージャーからテイクアウトのメニューを追加するだけです。(店舗と同じ価格設定にすることをおすすめします。)

良かったらUber Eats(ウーバーイーツ)のテイクアウト機能を導入してみてください。

【完全ガイド】Uber Eatsレストランパートナーの仕組み、出店費用、出店方法など総まとめ
【完全ガイド】Uber Eatsレストランパートナーの仕組み、出店費用、出店方法など総まとめ
Uberレストランパートナーの主な特徴は?
Uber Eats レストランパートナー募集
  • 47都道府県で出店可能!日本全国ほとんどのエリアで出店できる
  • 初期費用・固定費が完全無料なのでリスクなし!
  • 手数料は売上の35%ですがカード決済手数料や銀行振込手数料などは無料!
  • 他のデリバリーサービスより注文数が断トツ1位!
  • 公式サイトから申し込んで最短7日で営業開始できる

Uber Eatsに出店を申し込む

※申し込み後にUberの担当者が付くため、分からないことは気軽に聞くことができます。

ABOUT ME
『おいしいデリバリー』オガワ編集長
『おいしいデリバリー』オガワ編集長
日本最大級の出前・宅配・フードデリバリー情報メディア『おいしいデリバリー』の編集長。2017年8月にUber Eatsに登録して以来、複数のフードデリバリーサービスで配達員を経験している。
初めての配達バイトにオススメ
Uber Eats配達パートナー
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員
暇な時間をお金に変えよう!
記事URLをコピーしました