Uber Eatsの報酬の仕組みは?ブースト・クエストなどインセンティブも解説

ウーバーイーツの報酬の計算方法は?ブースト・クエスト・ピーク料金
『おいしいデリバリー』オガワ編集長
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事を始めようかと検討している人は、配達1回あたりの報酬はいくらいくらい稼げるのか知りたいですよね。

結論からいうと、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの配達1件あたりの報酬は平均600円くらいです。

もちろんこれはあくまでも相場で、配達距離や時間帯などによって金額は変わります。

このページでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになりたい方、登録したけど配達報酬がよく分からないという方に向けて、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で得られる報酬の仕組みや報酬体系について詳しく解説します。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は主にブーストクエストの2種類のインセンティブがありますが、これらのインセンティブが発生する条件やいくらもらえるのかについても解説します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達報酬の仕組みやインセンティブについて知りたい方は要チェックです!

この記事で分かること
  • Uber Eatsの報酬の仕組み
  • Uber Eatsの報酬体系やインセンティブの種類
  • Uber Eatsの配達1件あたりの報酬金額
  • Uber Eatsの報酬の振込日

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに支払われる報酬の仕組みは、2021年5月に大幅に改定されました。

以前の報酬の仕組みでは、基本料金が「受取料金+受渡料金+距離料金」を足した料金になり、配達距離が遠いほど報酬も高くなる仕組みでした。

一方、新しい報酬システムはダイナミックプライシングのような算出方法です。

ダイナミックプライシングは簡単に言うと、需要に応じて料金を変動させるシステムのことです。

日本ではホテルや航空券の料金などに多く採用されており、需要の高いゴールデンウィークや年末年始などはホテルや航空券の利用料金が高くなります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の新しい報酬システムもそれと同じで、需要や距離などさまざまな要因をAI(人工知能)が判断して、自動的に配達報酬を算出します。

ですので、同じ距離の配達依頼でも時間帯やエリアによって料金は変わってきます。

では、AIはどのような仕組みで配達報酬を自動で算出しているのか具体的に解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬体系

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬体系

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でもらえる報酬の最終的な算出方法は「配送料(基本金額+配達調整金額)+インセンティブ+チップ」です。

配達報酬のうち、AIによって自動算出されるのが配送料(基本金額+配達調整金額)です。これらについて解説します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配送料

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬のベースとなる配送料は、基本料金と配達調整金によって構成されています。

基本料金

基本料金は配達で獲得する配送料の基準となる料金で、配達に費やす予定の時間と距離、および商品の受け取り場所や届け先が複数かどうかを基に算出されます。

当然ではありますが、配達する距離が長く、配達にかかる時間も長いほど報酬は高いということです。

以前の報酬システムでは、レストランから注文者までの距離だけが料金に反映されましたが、新料金システムでは、配達依頼を受けた場所からレストランまでの距離も料金に反映されます。

配達調整金

配達調整金とは、基本料金に加えて加算される配送料です。以下のような場合に配達調整金は加算されます。

  • 通常よりも交通状況が混雑している場合
  • 通常よりも商品受け取り場所での待ち時間が長い場合
  • 配達パートナーの数が少なく通常よりも配達の需要が高い場合

新しい報酬システムで大きく変わったのはこの配達調整金です。

以前の報酬システムでは、レストランが料理を作るのが遅れてて店舗で待つことがあったとしても報酬には反映されませんでしたが、新料金システムでは、待った時間分も配達調整金として報酬に反映されます。

また、他の配達員が拒否してなかなか受諾されない配達依頼も配達調整金として報酬に反映されます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)インセンティブの種類

インセンティブとは、上記で紹介した配送料に上乗せされる追加報酬のことで、注文の多い時間や場所に適用されます。インセンティブの内容は、都市や配達パートナーごとに異なります。

現在のインセンティブはブーストとクエストの2種類があります。ひとつずつ解説していきます。

ブーストとは?

ブーストとは、注文の多い時間やエリアにおいて、配送料の基本料金を一定の倍率で増額する仕組みのことです。

配達依頼が増えるランチタイムやディナータイム、それと土日につくことが多いです。

ブーストがあることで、ピークタイムの配達パートナーの人数を増やすという効果があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のブースト報酬画面
実際のブースト画面

上の画像がUber Driverアプリの地図上に表示される実際のブースト画面です。

「1.2×」などの数字がブーストの倍率です。このエリアにあるレストランから配達依頼が入ると、書かれている倍率の報酬が加算されます。

なお、この倍率は基本料金に対しての倍率です。例えば、基本料金が200円でブーストが1.2倍の場合、40円増加されて240円となります。

ちなみに、東京とか大きい都市はブーストは1.1~1.2倍くらいしかつかなくて微妙な感じです。地方の都市であれば1.5~2倍のブーストがついているところもあります。

自分に適用されているブーストは、Uber Driverアプリ内の「機会(ピーク予測)」より確認できます。またはアプリ内のマップでも確認できます。

クエストとは?

クエストとは、一定期間内に配達を完了した件数に応じて、追加で報酬が支払われるインセンティブのことです。

例えば、「金曜日~日曜日の間に20回配達完了したら追加2,000円」などです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のクエスト報酬画面
実際のクエスト条件画面

以前は「選択制クエスト」といって自分でクエストを選択できましたが、今はUberにあらかじめ指定された1つのクエストをやるだけになりました。

クエストは配達員ごとに違い、配達員の配達状況の平均に基づいて算出され、配達員のそれぞれの働き方にあったものが自動的に割り当てられます。

一概に言えませんが、いつも1日5件くらいしか配達していない人に20件配達しないともらえないような無茶なクエストは出ないように、配達員ごとにちょうどいいクエストが提示されます。

また、このクエストとは別に「雨の日クエスト」もあります。名前の通り、雨が降ったときに出るクエストです。

自分に適用されているクエストは、毎週金曜日にUber Driverアプリ内の「機会(ピーク予測)」より確認できます。

ピーク料金(廃止?)

ピーク料金とは、注文件数が増加したエリアにリアルタイムにインセンティブを発生させることで、配達パートナーが足りないエリアに配達パートナーを呼ぶ効果があります。

他のインセンティブと違うのは、ピーク料金は完全リアルタイムに発生されること。料金も需要に基づいてリアルタイムで変更されるため、短時間で変動することがあります。

料金は現在地とレストラン周辺のピーク料金のうち、高い方の金額が適用されます。例えば、ピーク料金が200円のエリア内で配達リクエストを受け、レストラン周辺のピーク料金が100円の場合、高い方の金額(200円)が適応されます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のピーク料金報酬画面
実際のピーク料金の画面

ピーク料金のエリアを確認するには、Uber Driverアプリの地図上に「色」と「金額」で表示されます。

ピーク料金のエリアは、ヒートマップで薄いオレンジから濃い赤でシミのように地図上に表示され、色が濃いほどより高い報酬が期待できます。

ピーク料金は200円~300円くらいザラにあるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーから「今まで以上に稼げるようになった」と好評です。

しかも、ブーストなどの他のインセンティブと併用されますので嬉しいですね。

ピーク料金は2022年末ごろから特にUberから発表もなく突然発生しなくなったので、廃止になったかもしれません。

オンライン時間インセンティブ(廃止?)

オンライン時間インセンティブとは、最低時給保証のようなものです。アプリをオンラインにすれば配達依頼が来ようが来まいが、指定された報酬がもらえます。

例えば、オンライン時間1時間あたりのインセンティブが1,000円だとしたら、その1時間で実際に稼いだ配送料が800円だった場合、最大200円を追加でもらえます。

オンライン時間インセンティブはサービスが始まったばかりのエリアでやることが多いです。

オンライン時間インセンティブはアプリ内には表示されず、メールで届きます。

オンライン時間インセンティブは最近全く発生していないので実質廃止したと言っていいでしょう。

最近はUber Eatsの知名度も上がり、配達員不足で悩むこともあまりなくなったので、オンライン時間インセンティブは不要になったんだと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達1件あたりの報酬は?

ここまでUber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の仕組みや報酬体系について記載してきましたが、配達1件あたりの報酬金額はいくらになるのか気になりますよね?

そこで、現役のUber Eats配達パートナー196人に対して、報酬についてアンケート調査を行いました!

アンケートは2023年6月に当サイトのLINE公式アカウントとクラウドソージングサービスで合計196名から回答いただきました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達1件あたりの平均報酬金額
配達1件あたりの報酬人数
499円以下81人(41.3%)
500~749円61人(31.1%)
750~999円48人(24.5%)
1,000円以上6人(3.1%)

1番多いのは499円以下ですが、Uber Eatsの配達1件あたりの平均収入は598円という結果になりました。約600円ですね。

この報酬金額はクエストなどインセンティブも含めた金額です。

配達1件あたりの報酬が約600円ということなので、10件配達すれば約6,000円稼ぐことができますね。

Uber Eatsでは通常、1時間に平均3~4件の配達依頼があるので、単純計算すれば時給1,800円~2,400円稼ぐことができます。

なお、実際にUber Eats配達パートナーが稼げる収入については以下の記事に詳しく書いてますのでご覧ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬金額の確認方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達報酬金額は配達依頼が届くときに分かるようになっています。

配達報酬金額は配達依頼が届く時に分かるので、微妙だと思ったらその時点で拒否することも可能です。

以下の画像が実際の配達依頼の画面です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達依頼の画面
  1. 予定配送料
  2. 配達を受けた場所から商品を届けるまでの推定時間と距離
  3. レストラン名(商品の受け取り場所)と配達先住所(引き渡し場所)

配達依頼には、上記の内容が記載しています。

予定配送料は、配達を完了するとで確実に受け取ることができる最低獲得金額です。

下画像の点線で囲っている部分が予定配送料の内訳で、クエストとチップ以外の「配送料(基本金額+配達調整金額)+ブースト+ピーク料金」が予定配送料に含まれています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の予定配送料

予定配送料はその名の通り、予定の報酬金額ではありますが、この料金を下回ることはありません。

時間と距離の見積もりに誤差が生じた場合があっても予定配送料の金額は確実に受け取ることができます。

逆に交通状況が混雑したりレストランでの待ち時間が長かったりすると、配達調整金が上がり、予定配送料より実際の報酬は高くなります。

また、最低の報酬金額は300円です。1kmくらいの近場であっても最低300円はもらえます。

ただ、一時期スリコ(スリーコインズの略)とも呼ばれている300円の配達報酬が多発していました。

2~3kmの距離でも300円しか発生しないので配達パートナーから不評でしたが、2021年12月に改定され、基本金額が少し上がり、以前よりスリコは少なくなりました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でチップがもらえる!

ウーバーイーツ配達員がチップをもらう平均回数

Uber Eats(ウーバーイーツ)には配送料とインセンティブの他にチップがあります。

注文者は配達パートナーにアプリ経由でチップを支払うことができ、配達パートナーはそのチップ金額を全額もらえます。

チップはいくらもらえるのかというと、233人の配達員にアンケート調査したところ、チップをもらう確率は平均17.5%、チップの相場は平均155.90円という結果になりました。

10回配達したら2回弱の確率で155.90円のチップがもらえるということですね。

チップをもらうコツは「挨拶を丁寧にする」が一番効果があったということです。

挨拶は基本中の基本です。インターフォン越しに「お待たせしました!Uber Eatsです!」と元気に挨拶するだけで印象はだいぶ変わりますので、心掛けるといいでしょう。

チップをもらえる金額やチップをもらうコツなどは以下の記事に書いてますのでご覧ください。

Uber Eats配達パートナーの報酬の振り込み日

Uber Eats配達パートナーの報酬の振り込み日

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬の振り込みは週払いです。

毎週日曜日締めで翌週の火曜日払いです。つまり、月曜日〜日曜日に配達して稼いだ分の報酬が、その2日後の火曜日に振り込まれます。

これすごいありがたいですよね!しかも、普通、最低支払額とかありそうですけど、そういうのは一切なく、例えば1週間分の収入が配達1回500円だけだったとしても翌週の火曜日には指定の銀行口座に振り込まれます。振込手数料もかかりません。

ただし、登録した金融機関によっては水曜日になる場合もあります。

なお、Uber Eats(ウーバーイーツ)は現金払いもできるのですが、注文者から現金払いで受け取ったお金はそのまま自分のものとして受け取れます。

その場合は即日現金を手に入れることができますので、今すぐお金が欲しいときはUber Eats(ウーバーイーツ)に登録することをおすすめします!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬を多くもらう方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事で効率的に報酬を多くもらうコツはインセンティブを有効活用することです。

とりあえずブーストやクエストのインセンティブが発生しているときは積極的に参加することをおすすめします。

また、Uber Driverアプリには需要の高いエリアには色がついているので、そのエリアで待機するのもオススメです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の需要の高いエリア

なお、Uber Eats配達パートナーで効率的に稼ぐコツについては、以下の記事に詳しく書いていますのであわせてご覧ください。

Uber Eatsと他の配達員バイトの報酬を比較

最近はUber Eats(ウーバーイーツ)以外にも配達員のバイトが増えてきましたが、配達1件あたりの報酬が高いのはどこでしょうか?

現役のフードデリバリー配達員にフードデリバリーの配達1件あたりの平均報酬金額をアンケート調査しましたのでご紹介します。

フードデリバリーの配達1件あたりの平均報酬金額
配達1件あたりの平均報酬金額
  1. 出前館(平均716円)
  2. Wolt(平均667円)
  3. menu(平均602円)
  4. Uber Eats(平均598円)

アンケートは2023年6月に当サイトのLINE公式アカウントとクラウドソージングサービスで合計196名から回答いただきました。

配達1件あたりの平均報酬金額が一番高いのは出前館の配達員という結果になりました。

出前館の配達員は平均716円ですが、土日はインセンティブが高く、配達1件あたり1,000円以上になることもあり、非常に高収入と言えます。

逆に一番安いのはUber Eats(ウーバーイーツ)です。Uber Eatsが配達1件あたりの収入が一番安い理由は、短距離の配達が多いからです。

短い距離の配達だと1回あたりの収入は低いですが、その代わり配達件数が増えるため、結果的に稼ぎやすくなります。

Uber Eats配達パートナーが実際に稼げる収入は、配達報酬金額×配達回数で決まるので、配達報酬金額が低いからといって、必ずしも収入も低くなるわけではありません。この点を誤解しないようにしてください。

とはいえ、配達員バイトは個人事業主なので、掛け持ちして働くのも自由です。

配達1件あたりの報酬が高い出前館と配達依頼件数が多いUber Eatsを掛け持ちすることで、かなり稼ぎやすくなります。

実際にUber Eatsと出前館を掛け持ちすることで、日給2万円以上稼いでいる人も結構多いですよ!

最初からしっかりと稼ぎたい方は、両方とも登録しておくことをオススメします!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬に関するよくある質問

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬に関するよくある質問と回答をまとめました。

Uber Eatsの1件あたりの報酬単価はいくらですか?

Uber Eatsの1件あたりの報酬単価は平均で600円くらいです。

もちろん時間帯、配達距離、配達車両などによって異なりますが、平均するとこのくらいです。

Uber Eatsの最低報酬はいくらですか?

Uber Eatsの最低報酬は300円です。

配達距離1km以下など短距離の配達では300円になることがあります。

Uber Eatsの報酬はいつ振り込まれますか?

報酬は週払いで、月曜日〜日曜日に配達して稼いだ報酬が、翌週の火曜日に振り込まれます。

Uber Eatsの報酬が振り込まれません。

今まで一度も振り込まれていない場合は、銀行口座の登録に不備がある可能性が高いです。

こちらの「Uber Eatsの銀行口座の登録方法」を見ながら不備がないか確認してみてください。

逆に、今までは普通に振り込まれていたのに、突然振り込まれなくなった場合は、現金配達分の差額を相殺した可能性もありますので明細を確認してみてください。

原因が分からない場合は、アプリの「ヘルプ→料金やお支払いについて→料金に関する一般情報→週ごとの支払いが振り込まれていない」からサポートに問い合わせてください。

Uber Eatsの報酬って引き下げられたのですか?

Uber Eatsの報酬の仕組みは2021年5月に現行のシステムに変わり、その際に全体的に引き下げられました。

配達1件あたりの報酬は引き下げられましたが、配達距離は短距離が多くなり、その分、配達回数が増えたので、実際に稼げる収入に大きな変動はありません。

また、Uber Eatsの報酬の仕組みやインセンティブは定期的に変更されるので、引き下げられたり、逆に増額したりします。

今後も変動があると思いますので、保険として、出前館の配達員など他の配達バイトと掛け持ちすることをオススメします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬まとめ

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬について解説してきましたが、最後にまとめます。

この記事のまとめ
  • Uber Eatsの報酬の仕組みは需要や距離などによって自動で変動する
  • Uber Eatsの報酬体系は配送料+インセンティブ+チップ
  • 現在のインセンティブはブーストとクエスト
  • Uber Eatsの配達1件あたりの報酬は平均600円くらい
  • 報酬の振込は週払いで、月曜日〜日曜日の分が翌週の火曜日に入金される

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの配達1回あたりの報酬は平均600円くらいです。

出前館と比べると報酬は低めですが、その分配達依頼は多いので、同じくらい稼げます。

掛け持ちもできますし、むしろほとんどの人が出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の掛け持ちをしているので、報酬を効率よく稼ぎたい人は両方登録しておくことをおすすめします!

https://bike-delivery.net/partner/
ABOUT ME
『おいしいデリバリー』オガワ編集長
『おいしいデリバリー』オガワ編集長
日本最大級の出前・宅配・フードデリバリー情報メディア『おいしいデリバリー』の編集長。2017年8月にUber Eatsに登録して以来、複数のフードデリバリーサービスで配達員を経験している。
記事URLをコピーしました