Uber Eats配達パートナー向け情報

Uber Eatsの報酬の仕組みは?ブースト・クエストなどインセンティブも解説

ウーバーイーツの報酬の計算方法は?ブースト・クエスト・ピーク料金

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事で稼げる報酬は、1回の配達で平均500~550円ほどこちらの記事に記載しましたが、この配達報酬はどういう計算方法で算出されているのでしょうか?

このページでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになりたい方、登録したけど配達報酬がよく分からないという方に向けて、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で得られる報酬の仕組みや報酬体系について詳しく解説します。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬には以下の3種類のインセンティブがありますが、これらのインセンティブが発生する条件やいくらもらえるのかについても解説します。

Uber Eatsのインセンティブ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達報酬の仕組みやインセンティブについて知りたい方は要チェックです!

ウーバーイーツ配達員は稼げるの?
Uber Eats配達パートナーは稼げるの?時給や収入を実際に働いて検証!【ウーバーイーツ配達員の収入まとめ】自分の好きなタイミングで自由に働けるUber Eats配達員は、給料はいくら稼げるのでしょうか?実際に働いて検証してみましたので、配達の流れも含めてご紹介します!...
  • 面接もなくWEB上で登録完結
  • 初期・月額費用など一切なし

無料 Uberに登録してみる

リンク先:Uber配達パートナー登録サイト

登録後すぐに稼働しなくても大丈夫なので、仮で登録しておくこともできます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに支払われる報酬の仕組みは、2021年5月に大幅に改定されました。

以前の報酬の仕組みでは、基本料金が「受取料金+受渡料金+距離料金」を足した料金になり、配達距離が遠いほど報酬も高くなる仕組みでした。

一方、新しい報酬システムはダイナミックプライシングのような算出方法です。

ダイナミックプライシングは簡単に言うと、需要に応じて料金を変動させるシステムのことです。

日本ではホテルや航空券の料金などに多く採用されていますね。需要の高いゴールデンウィークや年末年始などはホテルや航空券の利用料金が高くなります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の新しい報酬システムもそれと同じで、需要などさまざまな要因をAI(人工知能)が判断して、自動的に配達報酬を算出します。

ですので、同じ距離の配達依頼でも時間帯やエリアによって料金は変わってきます。

では、AIはどのような仕組みで配達報酬を自動で算出しているのか具体的に解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬体系

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬体系

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でもらえる報酬の最終的な算出方法は「配送料(基本金額+配達調整金額)-サービス手数料10%+インセンティブ+チップ」です。

配達報酬のうち、AIによって自動算出されるのが配送料(基本金額+配達調整金額)です。これらについて解説します。

配送料

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬のベースとなる配送料は、基本料金と配達調整金によって構成されています。

基本料金

基本料金は配達で獲得する配送料の基準となる料金で、配達に費やす予定の時間と距離、および商品の受け取り場所や届け先が複数かどうかを基に算出されます。

当然ではありますが、配達する距離が長く、配達にかかる時間も長いほど報酬は高いということです。

以前の報酬システムでは、レストランから注文者までの距離だけが料金に反映されましたが、新料金システムでは、配達依頼を受けた場所からレストランまでの距離も料金に反映されます。

配達調整金

配達調整金とは、基本料金に加えて加算される配送料です。以下のような場合に配達調整金は加算されます。

  • 通常よりも交通状況が混雑している場合
  • 通常よりも商品受け取り場所での待ち時間が長い場合
  • 配達パートナーの数が少なく通常よりも配達の需要が高い場合

新しい報酬システムで大きく変わったのはこの配達調整金です。

以前の報酬システムでは、レストランが料理を作るのが遅れてて店舗で待つことがあったとしても報酬には反映されませんでしたが、新料金システムでは、待った時間分も配達調整金として報酬に反映されます。

また、他の配達員が拒否してなかなか受諾されない配達依頼も配達調整金として報酬に反映されます。

サービス手数料

サービス手数料は10%です。配送料(基本金額+配達調整金額)から差し引かれます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)インセンティブの種類

インセンティブとは上記で紹介した配送料に上乗せされる追加報酬のことで、注文の多い時間や場所に適用されます。インセンティブの内容は、都市や配達パートナーごとに異なります。

インセンティブには、主に「ブースト、クエスト、ピーク料金」の3種類があります。ひとつずつ解説していきます。

ブーストとは?

ブーストとは、注文の多い時間やエリアにおいて、配送料の基本料金を一定の倍率で増額する仕組みのことです。

配達依頼が増えるランチタイムやディナータイム、それと土日につくことが多いです。

ブーストがあることで、ピークタイムの配達パートナーの人数を増やすという効果があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のブースト報酬画面実際のブースト画面

上の画像がUber Driverアプリの地図上に表示される実際のブースト画面です。

「1.2×」などの数字がブーストの倍率です。このエリアにあるレストランから配達依頼が入ると、書かれている倍率の報酬が加算されます。

なお、この倍率は基本料金に対しての倍率です。例えば、基本料金が200円でブーストが1.2倍の場合、40円増加されて240円となります。

ちなみに、東京とか大きい都市はブーストは1.1~1.2倍くらいしかつかなくて微妙な感じです。地方の都市であれば1.5~2倍のブーストがついているところもあります。

自分に適用されているブーストは、Uber Driverアプリ内の「プロモーション」ページより確認できます。

ピーク料金とは?

ピーク料金とは、注文件数が増加したエリアにリアルタイムにインセンティブを発生させることで、配達パートナーが足りないエリアに配達パートナーを呼ぶ効果があります。

他のインセンティブと違うのは、ピーク料金は完全リアルタイムに発生されること。料金も需要に基づいてリアルタイムで変更されるため、短時間で変動することがあります。

料金は現在地とレストラン周辺のピーク料金のうち、高い方の金額が適用されます。例えば、ピーク料金が200円のエリア内で配達リクエストを受け、レストラン周辺のピーク料金が100円の場合、高い方の金額(200円)が適応されます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のピーク料金報酬画面実際のピーク料金の画面

ピーク料金のエリアを確認するには、Uber Driverアプリの地図上に「色」と「金額」で表示されます。

ピーク料金のエリアは、ヒートマップで薄いオレンジから濃い赤でシミのように地図上に表示され、色が濃いほどより高い報酬が期待できます。

ピーク料金は200円~300円くらいザラにあるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーから「今まで以上に稼げるようになった」と好評です。

しかも、ブーストなどの他のインセンティブと併用されますので嬉しいですね。

ピーク料金は始めは大阪府、神奈川県、兵庫県内のエリアだけでしたが、2019年12月12日から全てのエリアで導入されました。

クエストとは?

クエストとは、一定期間内に配達を完了した件数に応じて、追加で報酬が支払われるインセンティブのことです。

例えば、「金曜日~日曜日の間に20回配達完了したら追加2,000円」などです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のクエスト報酬画面実際のクエスト条件画面

以前は「選択制クエスト」といって自分でクエストを選択できましたが、今はUberにあらかじめ指定された1つのクエストをやるだけになりました。

クエストは配達員ごとに違い、配達員の配達状況の平均に基づいて算出され、配達員のそれぞれの働き方にあったものが自動的に割り当てられます。

一概に言えませんが、いつも1日5件くらいしか配達していない人に20件配達しないともらえないような無茶なクエストは出ないように、配達員ごとにちょうどいいクエストが提示されます。

また、このクエストとは別に「雨の日クエスト」もあります。名前の通り、雨が降ったときに出るクエストです。

自分に適用されているクエストは、毎週金曜日にUber Driverアプリの「プロモーション」ページより確認できます。

オンライン時間インセンティブ(廃止?)

オンライン時間インセンティブとは、最低時給保証のようなものです。アプリをオンラインにすれば配達依頼が来ようが来まいが、指定された報酬がもらえます。

例えば、オンライン時間1時間あたりのインセンティブが1,000円だとしたら、その1時間で実際に稼いだ配送料が800円(基本料金からサービス手数料を差し引いた後の額)であった場合、最大200円を追加でもらえます。

オンライン時間インセンティブはサービスが始まったばかりのエリアでやることが多いです。

オンライン時間インセンティブはアプリ内には表示されず、メールで届きます。

ただし、オンライン時間インセンティブは最近全く発生していないので実質廃止したと言っていいかもしれません。

最近はUber Eats(ウーバーイーツ)の知名度も上がり、配達員不足で悩むこともなくなったので、オンライン時間インセンティブは不要になったんだと思います。

予定配送料を見れば報酬金額は配達前に分かる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達報酬は配達依頼が届くときに分かるようになっています。

配達報酬金額は配達依頼が届く時に分かるので、微妙だと思ったらその時点で拒否することも可能です。

以下の画像が実際の配達依頼の画面です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達依頼の画面

配達依頼には、①予定配送料、②配達を受けた場所から商品を届けるまでの推定時間と距離、③レストラン名(商品の受け取り場所)と配達先住所(引き渡し場所)が記載しています。

予定配送料は配達を完了するとで確実に受け取ることができる最低獲得金額です。

下画像の点線で囲っている部分が予定配送料の内訳で、クエストとチップ以外の「配送料(基本金額+配達調整金額)-サービス手数料10%+ブースト+ピーク料金」が予定配送料に含まれています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の予定配送料

予定配送料は予定の報酬金額ではありますが、この料金を下回ることはありません。時間と距離の見積もりに誤差が生じた場合があっても予定配送料の金額は確実に受け取ることができます。

逆に交通状況が混雑したりレストランでの待ち時間が長かったりすると、配達調整金が上がり、予定配送料より実際の報酬は高くなります。

また、最低の報酬金額は300円です。1kmくらいの近場であっても最低300円はもらえます。

ただ、一時期スリコ(スリーコインズの略)とも呼ばれている300円の配達報酬が多発していました。

2~3kmの距離でも300円しか発生しないので配達パートナーから不評でしたが、2021年12月に改定され、基本金額が少し上がり、以前よりスリコは少なくなりました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でチップがもらえる!

上記でご紹介しました報酬の他に、2020年5月からUber Eats(ウーバーイーツ)でチップ制度が導入されました!

チップとは、アメリカを中心とした海外の文化で、サービスを受けたことに対して心づけとして相手にお金を渡すことです。

そのチップがUber Eats(ウーバーイーツ)の注文者アプリに導入され、配達パートナーにアプリ経由でチップを支払うことができます。

チップをあげるには注文者が評価する画面から上げることができます。チップは1円~支払えて、私はだいたい100円前後渡しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップを支払う画面Uber Eatsのチップを支払う画面

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーがチップをもらったのか確認するにはドライバーアプリ画面から確認できます。

この「マーク」がついているのはチップをもらったということになります。

チップをもらう確率や相場、チップをもらうコツなどは以下の記事に書いてますのでご覧ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップを解説!相場や払い方、チップをもらうコツは?
Uber Eatsのチップを解説!相場や払い方、チップをもらうコツは?【Uber Eatsのチップ総まとめ】実際に配達をしている233人のウーバーイーツ配達員にチップに関するアンケート調査しました!チップの相場や平均金額、チップをもらうコツなどチップに関することをまとめてご紹介します!...

Uber Eats配達パートナーの報酬の受取日

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはUber Eats(ウーバーイーツ)に直接雇われているわけではないので、給料とは呼ばず報酬と呼びます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬の支払いは週払いです。

毎週日曜日締めで翌週の火曜日払いです。つまり、月曜日〜日曜日の1週間分の収入が、その2日後の火曜日に支払われるんです。

これすごいありがたいですよね!しかも、普通、最低支払額とかありそうですけど、そういうのは一切なく、例えば1週間分の収入が配達1回500円だけだったとしても翌週の火曜日には指定の銀行口座に振り込まれます。振込手数料もかかりません。

ただし、登録した金融機関によっては多少前後します。私は三菱UFJ銀行ですが、火曜日に振り込まれます。

それと、Uber Eats(ウーバーイーツ)は現金払いもできるのですが、注文者から現金払いで受け取ったお金はそのまま自分のものとして受け取れます。

その場合は即日現金を手に入れることができますので、今すぐお金が欲しいときはUber Eats(ウーバーイーツ)に登録することをおすすめします!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金払いの配達をする方法・流れを解説
Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金払いの配達をする方法や流れを解説Uber Eatsの現金払いの配達を受け付ける方法は?受け取った現金はどうするの?ウーバーイーツ配達員の現金払い配達について解説します!...

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬を多くもらう方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬が一番高い都市は、インセンティブによって変わってくるので何とも言えませんが、やはり東京になるでしょう。

Uber Eats配達パートナーで効率的に報酬を多くもらうコツはインセンティブを有効活用することです。

とりあえずブーストやクエスト、ピーク料金などのインセンティブが発生しているときは積極的に参加することをおすすめします。

なお、Uber Eats配達パートナーで効率的に稼ぐコツについては、以下の記事に詳しく書いていますのであわせてご覧ください。

UberEats(ウーバーイーツ)配達員の報酬を2倍に増やす方法
Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で効率的に稼ぐコツこのページでは、効率よく働いて、ウーバーイーツ配達員の売上(報酬)を2倍に増やす方法をご紹介します。Uber Eatsをやっていてもあまり稼げない方、これからやろうとお考えの方は参考にして頂ければと思います。...

Uber Eatsの登録はこちら

ABOUT ME
おいしいデリバリー編集部
日本最大級の出前・宅配・フードデリバリー情報サイト「おいしいデリバリー」。編集長は2017年8月にUber Eatsに登録して以来、複数のフードデリバリーサービスを経験しているベテラン配達員。
\今おすすめの配達仕事/
Uber Eats
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats は配達1件あたりの報酬は低めですが、配達件数が一番多いので、結局一番稼げます。

都市によっては日給2万円以上稼いでいる人も多いですよ!

フードデリバリー未経験者はUber Eats 一択です!

募集エリア47都道府県(Uber Eatsエリア
平均時給約1,500~2,000円
特徴配達依頼件数がフードデリバリーの中で一番多いので稼ぎやすい。
チップ制度があるので、追加報酬がもらえる可能性がある。
服装や髪型は完全自由。金髪、ヒゲ、ピアスなどOK。
報酬は週払いなので、金欠気味のときに助かる。
初期費用や月額費用などないのでリスクなし。
面接もなく全てWEB上で登録できる。
おすすめ度

詳細ページ公式サイト

現在、登録完了するにはUber公式サイトから申し込んで7~10日くらいかかります。

配達しなければいけない期限もないので、少しでも興味ある方は仮で登録しておくことをおすすめします。

Wolt 初回注文(Web用)

【クーポン金額】
合計3,000円OFF
(600円×5枚)

【プロモーションコード】
WJPAFI

タップしてコードをコピー

Wolt(ウォルト)初回限定クーポン獲得方法

wolt(ウォルト)配達員

Wolt配達員に登録する際プロモコードを入力すると
Woltの注文で使える割引クーポンがもらえます。

【クーポン金額】
合計1,800円OFF

【プロモーションコード】
DKC2Q

タップしてコードをコピー
 

wolt(ウォルト)クーポン使い方

menu(メニュー)クーポン

【クーポン金額】
合計2,400円OFF

【プロモーションコード】
tpg-8vfshx

タップしてコードをコピー

menu(メニュー)クーポン獲得方法

【a】Uber Eats フード注文

【クーポン金額】
1,200円OFF

【使用期限】
2022年6月30日まで

【プロモーションコード】
JPEATS400

タップしてコードをコピー

登録手続きはWEBで完結!
配達員に登録する