Uber Eats加盟店舗向け情報

Uber Eatsに店舗を登録する方法や出店費用を解説【レストラン側】

Uber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を登録する方法や出店費用を解説【レストラン側】

飲食店を経営している個人店や飲食企業にお勤めの方で、Uber Eats(ウーバーイーツ)に店舗の加盟を検討している方も多いと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を加盟することで利益が上がるなら登録したいですよね。

そこで、Uber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を登録する費用や手数料はいくら掛かるのか?店舗の登録するにはどうするのか?実際に私も登録しましたので、スクショ画像付きで詳しく解説します!

Uber Eats店舗登録まとめ
  • Uber Eatsの店舗登録の初期費用は無料
  • 売り上げの35%の手数料がかかる(テイクアウトは12%)
  • こちらのUber Eatsレストランページから申し込んで最短7日で営業開始できる
  • メニューの写真撮影は自分でやるかUberに撮影をお願いするか選択可能
  • Uberに撮影をお願いする場合は登録が通常より約2週間遅くなる(15枚13,000円)

Uber Eatsの店舗の登録はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録費用・手数料

まずはUber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を登録した場合に掛かる費用について解説します。

Uber Eatsの店舗登録に掛かる初期費用

Uber Eats(ウーバーイーツ)店舗登録に掛かる初期費用は無料です。

ただ、今は期間限定で無料となっているだけで、本来は登録手数料として50,000円掛かります。予告なく無料期間が終了する場合があるので、なるべく早く登録することをおすすめします。

Uber Eatsに支払う手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)の初期費用は無料ですが、注文ごとに以下の手数料を支払う必要があります。

  • デリバリー・・・35%
  • お持ち帰り・・・12%

上記の手数料は売り上げに対して差し引かれます。

注文ごとに応じて支払う成果報酬型なので固定費は掛かりませんが、結構高いですよね。

ですので、ほとんどのレストランは店舗で提供している料金より、料理代を20~30%高く設定しています。

Uber Eatsの売り上げの支払いは週払い

Uber Eats(ウーバーイーツ)の売り上げの支払いは週払いです。

月曜~日曜までの売り上げ分が翌週の火曜日に登録した銀行口座に振り込まれます。

入金サイクルも早いので、資金繰りには困らなそうです。

入金額は売り上げから上記の手数料を差し引いた金額です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録に必要な書類・持ち物

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録に必要な書類と持ち物は以下の通りです。

  • 飲食店営業許可証
  • Uber Eats専用で使うタブレットかスマートフォン

Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録する店舗の住所と飲食店営業許可証に記載している住所は一致していなければいけません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文はタブレット端末かスマートフォンで受けます。常に起動していなければいけないので、Uber Eats(ウーバーイーツ)専用で使うものが望ましいです。

スマートフォンだと一部機能が使えなかったり、画面も見にくいので、タブレット端末をおすすめします。

もしタブレット端末などがない場合はUber Eats(ウーバーイーツ)でもレンタルできます。レンタル料は22,500円で、機種はLenovo(レノボ)です。

レンタル料は最初に支払うのではなく、売り上げから差し引かれます。

今はタブレット端末は2万円前後で購入しているので、レンタルするなら購入したほうがいいかと思います。

おすすめはLenovoのM10(10.3インチ、メモリ4GB)です。値段も手ごろで最低限の機能がついているのでおすすめです。

私はこの下位モデルのLenovo B10(10.1インチ、メモリ2GB)を使用していましたが、ちょっと動きが遅くてストレスを感じたのでM10に変えました。

できれば、メモリ4GB以上のタブレットを使用することをおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を登録できる条件

Uber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を登録するには主に以下の条件があります。

  • 営業する所在地が記載されている飲食店営業許可証を提出すること
  • 1日3時間以上、週4日以上営業できること
  • 12~13時、19~20時のどちらか営業できること
  • メニュー数は最低5品以上掲載すること(バーチャルレストランは10品以上)
  • ネット銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行以外の口座があること

営業時間や日数の条件もありますが、登録後に変更できるので、登録時は条件以上の営業日で申請して、登録後に営業日を変更すれば問題ないです。

売り上げは銀行振り込みで受け取りますが、ネット銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行は登録できません。ネット銀行の口座しか持っていない法人も多いと思うのでご注意ください。

Uber Eatsの店舗の登録はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録方法・手順

Uber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を登録するには以下の手順で登録します。

こちらのUber Eatsレストランページから申し込んで、最短7日前後で営業開始できます。

それでは、ひとつずつ解説していきます。

Uber Eatsの店舗の登録はこちら

①登録する店舗の情報を入力

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録方法・手順①登録する店舗の情報を入力

まずはこちらのUber Eatsレストランページにアクセスし、登録する店舗の情報を入力します。

入力項目は以下の通りです。

  • 店舗名
  • 店舗住所
  • 担当者名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 業種

電話番号は「携帯電話番号」と記載していますが、店舗の固定電話でも問題ありません。担当者に繋がりやすい電話番号を記入してください。

業種はプルダウンメニューから選びますが、「中華、イタリアン」とかではなく、「レストラン、コンビニ、酒類販売店」という選択なので、ほとんどの方はレストランになると思います。

②Web合同説明会に参加する

店舗情報を送信してから1~3日で「Web合同説明会」の案内メールが届きます。(上画像・左)

Web合同説明会とは、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービス内容の説明や出店の流れなどの案内をZoom(Web会議システム)を使用して行います。

メール内にあるリンクからWeb合同説明会の予約ができます。(上画像・右)

なお、バーチャルレストラン(ゴーストレストランやシェアキッチンを利用した運営など)での出店をする場合はWeb合同説明会は参加できません。

バーチャルレストランで出店する方は、数日後にUberの担当からメールと電話が来ますのでお待ちください。

メールと電話の内容は、次の「③営業許可証やメニューを提出して契約書にサインする」と同じです。

③営業許可証やメニューを提出して契約書にサインする

Web合同説明会が終わったら飲食店営業許可証を提出します。 (バーチャルレストランの場合はメールと電話で案内がきます)

必要に応じて各種酒販免許、食肉販売業許可、ふぐの取扱い許認可証なども提出します。

次にUber Eats(ウーバーイーツ)で販売するメニューや店舗情報を記入します。

Uberから届くメール内のエクセルに、以下の内容を記入していきます。

  • 店舗名
  • 店舗電話番号
  • 会社名(個人事業主は屋号)
  • 代表取締役またはオーナー名(名前、生年月日)
  • 営業時間
  • メニュー(メニュー名、説明、料金)
  • オプション
Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランのメニューリスト

メニューは入力方法の解説や売上促進ガイドがあるので、それを参考にして入力するといいでしょう。

メニューは登録後にいつでも追加や変更できるので、最低限登録して後からちゃんと設定すれば大丈夫です。

営業許可証をアップロードしてしばらくしたら「Welcome to Uber Eats! レストランパートナーシップ電子契約書の送付」という件名のメールが届きますので、そこからWEB上で契約書にサインします。

④銀行口座・請求書の設定をする

電子契約書にサインしたら、振込先の銀行口座などの設定を行いましょう。

設定方法はメールでも案内が来ますが、こちらのUber Eatsレストランマネージャーにログインして行います。

銀行口座の設定

銀行口座の設定はUber Eatsレストランマネージャーの「支払」→「売り上げ」→「追加」から行います。

入力方法はUber Eats配達パートナーの銀行口座の設定と同じですので、以下のページをご覧ください。

  • 口座名義は株式会社なら「Co Ltd.」、合同会社なら「LLC」と記入してください。
  • カタカナ表記の口座名義は、例えば「株式会社イーツバーガー」なら「カ イーツバーガー」と記入してください。
  • 信用金庫、ネット銀行、ゆうちょ銀行は基本的に登録できません。

請求書の設定

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録方法・手順④請求書の設定

請求書の設定は、請求書に表示する名前を記入します。

消費税を納める義務がある方は、「私は、自らが提供する商品およびサービスについて、日本の消費税を納める義務を負います」にチェックを入れます。消費税を納める義務があるかどうかは自身の税理士に確認してください。

「Disclaimer」は免責事項という意味ですので、チェックを入れることで下の文に同意したということになりますので、チェックを入れて送信してください。

責任者の身分証をアップロード

2021年11月から責任者または契約者の身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなどの顔写真つきの公的証明書)のアップロードが必須となりました。

Uber Eatsレストランマネージャーの「書類」タブからアップロードできます。

⑤最終確認フォームを入力したら営業開始可能

電子契約書にサインしたら「【回答必須】Uber Eats 最終確認フォームご回答のお願い」というタイトルのメールが届きます。

メール内にある「最終確認フォーム」に回答してから最短即日で営業開始できます。

最終確認フォームとは、以下についての設問に回答するフォームです。

  • 銀行口座や請求書の設定は終わったか?
  • メニューの設定は大丈夫か?Uberにコンサルをお願いするか?
  • メニューの写真は自分で用意するかUberに撮影してもらうか?
  • 営業開始日はいつにするか?

メニューの設定と写真撮影をUberに頼まないで自分で行う選択にすれば、最短即日で営業開始できます。

メニューの設定や写真撮影は登録した後でもUberに相談できるので、早く営業したい方は今は自分でやるといいです。

最終確認フォームに回答してから最短即日で「Uber Eats に貴店の情報が掲載されました」というタイトルのメールが届きます。

メール内にレストラン用ダッシュボードのログイン情報が記載しているので、注文を受ける用のタブレット端末かスマートフォンでレストラン用アプリをダウンロードしてログインします。

Uber Eats - レストラン用

Uber Eats – レストラン用

Uber Technologies, Inc.無料

Uber Eatsの店舗の登録はこちら

Uber Eatsのメニューの写真撮影について

Uber Eats(ウーバーイーツ)に掲載するメニューの写真は、自分で用意するかUberに撮影してもらうか選択できます。

既に上記で記載しましたが、写真を自分で用意するメリットは早く登録できることです。

写真を自分で用意する場合はスムーズに登録できますが、Uberに撮影をお願いすると、撮影できるのが早くて1週間後で、写真ができるのが5日前後かかるので、登録完了まで通常より2週間くらいかかります。

また、Uberの撮影は有料で、15枚13,000円です。

ですので、早くUber Eats(ウーバーイーツ)の営業をしたい方やなるべくお金を掛けたくない方は写真撮影は自分でやることをおすすめします。

ただ、メニューの写真はかなり重要です。写真によって売り上げがだいぶ変わりますからね。

Uberによる写真撮影は登録した後でも可能ですので、登録してメニューもしっかり固まった後に撮影をお願いするといいでしょう。

Uberによって撮影された写真は食べログやぐるなびなど他のサイトでは使用できません。

とはいえ、自分で撮影するとしてもある程度は綺麗にしたいですよね。そういう場合は撮影ボックスを使うといいです。

私も使用していますが、こちらの撮影ボックスは安い割には綺麗に撮れるのでおすすめです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗の解約方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗を解約するには、以下のUberサポートのメールアドレスにメールを送ります。

担当がついている方は担当者に連絡しても大丈夫です。

なお、いつ解約しても解約金や違約金はありませんのでご安心ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録に関するよくある質問

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録に関するよくある質問をまとめました。

複数店舗経営していますが店舗ごとに登録した方がいいのですか?

いいえ、1店舗で大丈夫です。登録するときに担当者と電話かメールする機会があるので、その時に複数店舗登録したいことを伝えてください。

同じ住所に複数店舗を登録できますか?

できます。例えば、同じ店舗でカレー専門店とサンドイッチ専門店など複数のアカウントで分けられます。

まずは1店舗で登録して、担当者にその旨を伝えてください。

容器は自分で用意するのですか?

料理を入れる容器は自分で用意します。

私は「容器スタイル」という通販サイトで購入しています。まずは少ない量を買ってみて、どれが最適か実験するといいでしょう。

Uber Eatsの店舗の登録はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録の問い合わせ先

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録の問い合わせ先

Uber Eats(ウーバーイーツ) に問い合わせるには、電子契約書にサインした後に届くメールの最下部にメールと電話の問い合わせ先が記載しているので、そこから問い合わせできます。(上画像)

または担当がついている場合は直接担当に質問しても大丈夫です。

まだ登録していない段階で問い合せたい場合は、以下のメールアドレスにメールするといいでしょう。(残念ながら電話での問い合わせはできません。)

Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)に店舗を登録する方法や出店費用や手数料についてご紹介いたしました。

長くなってしまったので最後にまとめます。

Uber Eats店舗登録まとめ
  • Uber Eatsの店舗登録の初期費用は無料
  • 売り上げの35%の手数料がかかる(テイクアウトは12%)
  • こちらのUber Eatsレストランページから申し込んで最短7日で営業開始できる
  • メニューの写真撮影は自分でやるかUberに撮影をお願いするか選択可能
  • Uberに撮影をお願いする場合は登録が通常より2週間遅くなる(15枚13,000円)

Uber Eats(ウーバーイーツ)は初期費用は無料で、注文ごとに応じて支払うので固定費も掛かりません。

リスクはほぼないので、Uber Eats(ウーバーイーツ)のエリア内で飲食店を経営しているなら登録することをおすすめします。

なお、売り上げはいくらくらいあるかはエリアや飲食店のタイプによっても変わるので何とも言えませんが、私が取材した飲食店1日50~100食くらい、10万円前後の売り上げがあるそうです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のために人件費を掛けることもないですし、出れば出るだけ利益になるので、登録して損はないのではないでしょうか?

Uber Eatsの店舗の登録はこちら

ABOUT ME
おいしいデリバリー編集部
日本最大級の出前・宅配・フードデリバリー情報サイト「おいしいデリバリー」。編集長は2017年8月にUber Eatsに登録して以来、複数のフードデリバリーサービスを経験しているベテラン配達員。
\今おすすめの配達仕事/
Uber Eats
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats は配達1件あたりの報酬は低めですが、配達件数が一番多いので、結局一番稼げます。

都市によっては日給2万円以上稼いでいる人も多いですよ!

フードデリバリー未経験者はUber Eats 一択です!

募集エリア47都道府県(Uber Eatsエリア
平均時給約1,500~2,000円
特徴配達依頼件数がフードデリバリーの中で一番多いので稼ぎやすい。
チップ制度があるので、追加報酬がもらえる可能性がある。
服装や髪型は完全自由。金髪、ヒゲ、ピアスなどOK。
報酬は週払いなので、金欠気味のときに助かる。
初期費用や月額費用などないのでリスクなし。
面接もなく全てWEB上で登録できる。
おすすめ度

詳細ページ公式サイト

現在、登録完了するにはUber公式サイトから申し込んで7~10日くらいかかります。

配達しなければいけない期限もないので、少しでも興味ある方は仮で登録しておくことをおすすめします。

Wolt 初回注文(Web用)

【クーポン金額】
合計3,000円OFF
(600円×5枚)

【プロモーションコード】
WJPAFI

タップしてコードをコピー

Wolt(ウォルト)初回限定クーポン獲得方法

wolt(ウォルト)配達員

Wolt配達員に登録する際プロモコードを入力すると
Woltの注文で使える割引クーポンがもらえます。

【クーポン金額】
合計1,800円OFF

【プロモーションコード】
DKC2Q

タップしてコードをコピー
 

wolt(ウォルト)クーポン使い方

menu(メニュー)クーポン

【クーポン金額】
合計2,400円OFF

【プロモーションコード】
tpg-8vfshx

タップしてコードをコピー

menu(メニュー)クーポン獲得方法

【a】Uber Eats フード注文

【クーポン金額】
1,200円OFF

【使用期限】
2022年6月30日まで

【プロモーションコード】
JPEATS400

タップしてコードをコピー

【Uber Eats店舗登録】初期費用・固定費なし
登録はこちら