Uber Eats配達員の情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)は専業(本業)で生計立てれる?

UberEats(ウーバーイーツ)は専業(本業)で生計立てれる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員を副業やバイトでやっている人の中には、専業(本業)でやりたいと考えている人もいますよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は自分の好きな時間に自分のペースでできますし、うるさい上司もいないですし、満員電車にも乗らずに済みますから、専業(本業)でできたら最高ですよね!

結論から言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)を専業(本業)でやることは物理的に出来ますが、精神的・体力的にはキツイです。

このページでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)を専業(本業)でやる方法について考えていこうと思います。

仕事を辞めて、Uber Eats(ウーバーイーツ)を専業(本業)でやろうと検討している方は参考になると思いますよ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は専業で生活できる?

冒頭でも書きましたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は専業(本業)でできます。

実際に、他の仕事はしないで、Uber Eats(ウーバーイーツ)1本でやっている方も多くいます。

とはいえ、全てのエリアではできません。郊外のエリアを自転車でやるのは専業では難しいですが、都心エリアやバイクや車なら可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)だけで日給15,000円×週5=月収30万円は現実的に稼げる金額です。東京都内ならもっと稼げるでしょう。

実際に専業でUber Eats配達パートナー(ウーバーイーツ配達員)をやっている人の収入や情報をTwitterで集めましたのでご紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は専業でできるけどキツイ

ご紹介しましたように、Uber Eats(ウーバーイーツ)は物理的には専業(本業)でできますが、ずっとやるとなると精神的・体力的に結構キツイです。正直、私には無理です。

1日8時間~10時間、週5~6日ずっとUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするとなると、配達先は違えどやっていることは同じなので、精神的にも体力的にも厳しいところはあります。

向き不向きがあるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)を副業でやってみて、飽きたりもせず楽しくやれる人は全然いいと思います。

専業でやるなら、自転車よりバイクや軽自動車(事業用車両)でやる方が体力的に楽で良いと思います。

あとは気候にも影響されます。真冬や真夏、雨の日はキツイですからね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)以外のサービスと併用する

Uber Eats(ウーバーイーツ)1本だけだと飽きるし疲れるから無理という人や、私の地域はvだけでは稼げないという人は、他の仕事を組み合わせてやってみることをおすすめします。

例えば、お昼のピークタイムはUber Eats(ウーバーイーツ)をやって、14時くらいの暇になる時間帯から他の仕事をやるという感じです。

具体的にどのようなサービス・仕事があるのかご紹介します。

他のフードデリバリーサービスを併用する

現在、日本ではUber Eats(ウーバーイーツ)のような一般人が配達するようなフードデリバリーサービスはUber Eats(ウーバーイーツ)しかありません。

ですが、2020年から他の会社で続々参入してきます。

実際に、日本生まれのサービス「Chompy(チョンピー)」は東京で、中国生まれのサービス「DiDi Food(ディディフード)」は大阪で既にテストサービスを開始しています。

その他にもフィンランド生まれの「Wolt(ウォルト)」も広島でテストサービスを開始する予定です。

まだ正式に稼働していませんが、始まったらUber Eats(ウーバーイーツ)と併用すれば今まで以上に稼げて収入も安定できますね。

ただいまChompy(チョンピー)は配達員の登録を一時的に中断していますが、近いうちに開始されます。

事前登録はできますので、興味ある方は登録してみてください。

なお、「招待コード」欄に私の招待コード「3VX385」を入力して登録すれば、7,500円のボーナスが貰えますので、ぜひ入力して登録してください!

【ボーナス金額】
7,500円

【招待コード】
3VX385

【条件】
本登録完了から60日以内に30回の配達を完了した場合

【Chompy公式サイト】
Chompyに事前登録する

バイト版UberEats「Timee(タイミー)」で稼ぐ

Timee(タイミー)はご存知でしょうか?橋本環奈さんが出演しているCMをきっかけに知った方も多いかもしれませんね。

Timee(タイミー)は「バイト版Uber Eats」と言われていて、隙間時間にお金を稼ぎたい人と人手不足で短期バイトを雇いたいお店をマッチングするアプリです。

タイミーのアプリを起動すれば、バイトを募集しているお店が地図上に出てきますので、詳細を確認してバイトに応募することができます。出前館のバイトもありますよ(笑)

ちなみに、Uber Eats(ウーバーイーツ)と同じく面接はありません。

当日でも全然バイトが見つかるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)やっていて「全然鳴らないとき」「自転車が疲れたとき」「気分転換したいとき」なんかはすごいおすすめです!

ただ、タイミーは今のところ東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・福岡でしかやっていません。今後はどんどんエリア拡大するとは思いますが。

まずはタイミーのアプリをダウンロードして、どんなバイトがあるか見てみてはいかがでしょうか?

その他にも似たようなサービスで単発バイトアプリ「シェアフル」もあります。

シェアフルの方が対応している地域が広くて、Uber Eats(ウーバーイーツ)のエリアでは広島・岡山以外は全てのエリアで対応しています!

一つだけに絞る必要はないので、タイミーと併せてシェアフルもインストールしておくと良いと思います。

アマゾンの配達員「Amazonフレックス」と併用する

Amazonフレックスとは、ECサイトのAmazon(アマゾン)が行っている配達業務サービスです。

個人が軽バンなどの事業用車両(黒ナンバー)で、Amazonの商品を配達することで収入を得ることができます。

軽配送版Uber Eatsといったところでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)も事業用車両であれば車でも配達できるので、お昼は車でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をして、14時ごろからAmazonフレックスの配達をするということも可能です。

車だと疲れないし良いですよね!

しかもAmazonフレックスはかなり稼げると評判です。時給もおよそ2,000円くらいだそうです。

現在のAmazonフレックスのエリアは関東・愛知・宮城・福岡・北海道です。関西がないのは残念ですが、近いうちに始まるかもしれません。

Amazonフレックスの配達する様子は以下の動画が参考になると思いますよ。

他にも似たようなサービスでPickGo(ピックゴー)とか、バイク便のようなサービスのDIAq(ダイヤク)などもあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)と併用してやれば、飽きずにできますし、より安定して稼ぐことができるますよ。

YouTubeやBuzzVideoで動画を配信する

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達しながらYouTube(ユーチューブ)などで動画を配信して稼ぐというのも手です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でどれくらい稼いだとかをYouTubeで配信している人は結構いますよね。

顔出したり喋ったりするのに抵抗がある人や動画の編集に自信がない人は街の風景を撮影するだけでも良いと思います。

例えば下の動画なんて、新宿の街を歩いて撮影しているだけなのに30万回以上再生されています。

タイトルを英語にしているので、外国人が結構見てくれるんですね。これから日本に旅行しようとしている外国人は日本の街の風景だけでも楽しいし参考になりますからね。

東京オリンピックに向けて、会場周辺の紹介をするのもいいかもしれませんね!

あとは、自転車やバイクにGoProのようなアクションカメラを取り付けて撮影するのもいいと思います。迫力があって面白い映像になりますよ。

YouTubeの収益は一般的に1再生あたり0.1円だと言われています。つまり1万回再生されて1,000円ですね。

結構厳しいですが、もしかしたら人気チャンネルになるかもしれませんからまずは行動してみることですね。

それと、YouTubeと併用してBuzzVideo(バズビデオ)にも載せると良いと思います。

バズビデオはTikTokで有名なBytedanceが運営している中国生まれの動画配信サービスです。

YouTubeのように資産性はなく、動画を配信しても一週間くらいでその動画は見られなくなります。

そのため、YouTubeと比べると気軽に観れるライトな動画が多いです。街の風景とか自転車からの映像なんてバズビデオには最適だと思いますよ。時間も1分くらいの短い動画がほとんどですし。

バズビデオの収益もYouTubeと同じく1再生0.1円くらいです。

最初は全然稼げないかもしれませんが、何事もやってみないと分かりませんからね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の専業まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)は専業(本業)でできるかどうかについてご紹介しました。

物理的には専業でできますが、やっぱり飽きもありますし体力的・精神的にはキツイと感じる人の方が多いと思います。

ですので、私が推奨するのは他のサービスを併用してやることです。Uber Eats配達パートナー(ウーバーイーツ配達員)は個人事業主なので、Uber Eats(ウーバーイーツ)1つに絞る必要はありません。

好きな時に自分のペースで自由に働けるのは最高です。

正直、本業の年収が300万円以下で、特にやりがいとか感じてないようなら、仕事辞めてウーバーイーツを専業でやった方がいいんじゃないかと思っちゃいます。

まだUber Eats(ウーバーイーツ)の配達に登録していない方は、まずは副業やバイトでやってみてから専業でできるか判断してみると良いと思います。

Uber Eatsの登録はこちら

Uber Eatsの質問・相談にお答えします!
ウーバーイーツLINE@

当サイト【デリバリー配達員】の公式LINE@をはじめました!

Uber Eatsの登録で分からないことや相談がありましたらお気軽にメッセージください!原則24時間以内に返信いたします。

その他にも

  • Uber Eatsの最新情報
  • Uber Eatsの稼げるコツ
  • Uber Eatsのお役立ち情報

 

などを不定期に配信いたします。

Uber Eats配達パートナーの方、これからやろうとしている方の役に立つ情報を配信していきますので、お気軽にお友達登録してくださいね!

友達に追加してみる