フードデリバリー比較

東京のフードデリバリーの配達バイトを比較!一番時給が稼げるのはどこ?

東京のフードデリバリーの配達バイトを比較!一番時給が稼げるのはどこ?

最近、東京ではUber Eats(ウーバーイーツ)を始め、フードデリバリーサービスの配達バイトがかなり増えてきました。

選択肢があるのはいいものの、どのフードデリバリーが稼げて、どんな特徴があるのかイマイチ分からないという人も多いと思います。

そこで、このページでは現在、東京で働ける以下のフードデリバリーサービス6社の報酬単価、時給、特徴などを徹底比較しました。

東京エリアでどこの配達バイトに登録するか迷っている方や、Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録したけどあまり稼げないという方、もっと稼ぐために他の配達バイトにも登録しようと迷っている方は要チェックです!

東京で働けるフードデリバリーの配達バイトを比較

まずは、東京で働けるフードデリバリーの配達バイトをざっくりと比較表にしました。フードデリバリーの配達バイト選びの参考にしてみてください。

サービス名エリア平均時給依頼件数おすすめ度タイトル
Uber Eats(ウーバーイーツ)アプリ
Uber Eats
東京都全域約1,500~2,000円かなり多い
(5.0 / 5.0)
詳細を見る
出前館

出前館
東京都全域1,600~1,800円多い
(4.5 / 5.0)
詳細を見る


menu
東京都ほぼ全域1,000~1,500円多い
(4.0 / 5.0)
詳細を見る
Woltアプリ

Wolt
東京23区の一部 1,000~1,500円普通
(4.0 / 5.0)
詳細を見る
チョンピーアプリ
Chompy
東京23区の一部1,000~1,300円普通
(3.5 / 5.0)
詳細を見る
foodpanda(フードパンダ)アイコン

foodpanda
東京23区の一部約1,000円少ない
(3.0 / 5.0)
詳細を見る

東京で働けるフードデリバリーの配達バイトを一覧表にしましたが、やはりUber Eats(ウーバーイーツ)が一番稼げそうですね。配達依頼件数が一番多いので、なんだかんだで一番稼げます。

その次に稼げるのは出前館です。出前館はUber Eats(ウーバーイーツ)より配達依頼件数は少ないですが、配達1件あたりの報酬が高く、土日は1件1,000円になることもあります!

それでは、東京で働ける配達バイトをひとつずつ詳しくご紹介していきます!

Uber Eats(ウーバーイーツ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員
報酬制度距離により変動
報酬単価
(1件あたり)
約500~550円
依頼件数◎(とても多い)
平均時給約1,500~2,000円
チップあり
保険対人・対物・損害補償
バッグ・服装 完全自由
特徴・配達バイトの先駆者
・配達件数が一番多い
募集ページUber公式サイト

東京のUber Eatsエリア

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアは全てのエリアで利用できます。 (日の出町、檜原村、奥多摩町・島部を除く)

以下の画像が東京の郊外エリアでUber Eats(ウーバーイーツ)が利用できる範囲です。

東京23区外のUber Eats(ウーバーイーツ)エリア

東京のUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアや詳しい情報は以下の記事に書いてますのでご覧ください。

東京のUber Eatsの特徴

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、フードデリバリーサービスのリーディングカンパニー。日本のフードデリバリーの配達バイトはUber Eats(ウーバーイーツ)から始まりました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達先までの距離によって報酬額が変動し、1回の配達で約15~20分かかり、配送単価の目安は約500~550円ほどです。配達に慣れると、2,000円以上稼げるようになる可能性もあります。

東京の平均時給は23区内であれば時給1,700~2,000円くらい、八王子市や立川市などの東京郊外であれば時給1,400~1,700円くらいが相場です。

日本のフードデリバリー業界の基本みたいなサービスなので、フードデリバリーの配達バイトをやっている全ての人は、Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録しておくことをおすすめします。

Uber Eatsの登録はこちら

出前館

出前館の配達バイト
報酬制度1件あたりの固定報酬制
報酬単価
(1件あたり)
関東715円
その他660円
依頼件数〇(多い)
平均時給約1,600~1,800円
チップなし
保険なし
バッグ・服装 完全自由
特徴・ロゴを隠せば他社の配達バッグも可
・出前館のロゴが入った赤い帽子を被らないといけない
募集ページ出前館の配達員募集サイト

東京の出前館エリア

東京で出前館は全てのエリアで利用できます。ただ、成果報酬制の業務委託配達員を募集しているエリアは限られています。

現在、東京で業務委託配達員を募集しているのは以下のエリアです。

  • 八丁堀拠点(日本橋、神田、新橋、銀座、大門等)
  • 新宿拠点(新宿・新宿三丁目・大久保・高田馬場・千駄ヶ谷等)
  • 池袋拠点(池袋、赤羽、東武練馬、志村三丁目、中板橋、浮間舟渡、成増、光が丘等)
  • 上野拠点(上野、飯田橋、駒込、後楽園、曙橋、浅草等)
  • 赤坂拠点(赤坂、六本木、渋谷、表参道等)
  • 品川拠点(品川、五反田、大井町、大森等)
  • 高円寺拠点(高円寺、荻窪、野方、中野坂上、笹塚等)
  • 入谷拠点(亀有、北千住、竹ノ塚、京成金町、北綾瀬等)
  • 三軒茶屋拠点(三軒茶屋、中目黒、恵比寿、駒沢大学、田園調布、自由が丘等)
  • 蒲田拠点(蒲田、大鳥居、下丸子等)
  • 錦糸町拠点(錦糸町・押上・豊洲等)
  • 世田谷拠点(祖師ヶ谷大蔵・二子玉川・千歳烏山・向ヶ丘遊園等)
  • 大島拠点(西葛西、一之江、瑞江、東大島、小岩等)
  • 日野拠点(八王子・西八王子・聖蹟桜ヶ丘・福生等)
  • 立川拠点(立川、府中、昭島、聖蹟桜ヶ丘、京王永山等)
  • 三鷹拠点(三鷹・小金井等)
  • 小平拠点(一橋学園、花小金井、久米川等)

現在は上記の拠点エリアで出前館の業務委託配達員を募集しています。

最新の拠点エリアは出前館の配達員募集サイトから「WEB説明会に申し込む」をタップすれば現在募集中の拠点エリアを確認できます。

東京の出前館の特徴

出前館といえばピザや寿司のようなデリバリー専門店を注文できるイメージがありますが、2020年からUber Eats(ウーバーイーツ)と同じように業務委託の配達員も募集し始めました。

出前館の特徴は「1件あたり〇円」の固定報酬制。お届け先が1km先でも2km先でも貰える報酬額は同じです。

最長でも3km先の配達しかない仕組みなので、距離料金がなくても問題ないでしょう。

長距離の配達がないのは変なところに飛ばされないので安心ですよね。

出前館はCMを放映しているのもありますし、Uber Eats(ウーバーイーツ)と同じくらい知名度は高いので配達依頼も結構きます。

東京23区内なら出前館だけでもかなり稼げて、日給2万円以上稼いでいる人も多いです。

今一番インセンティブも高くて勢いのある配達バイトですので、今のうちに出前館に登録しておくことをおすすめします。

menu(メニュー)
報酬制度距離により変動。レストランピックも加算
報酬単価
(1件あたり)
約750円
依頼件数〇(多い)
平均時給約1,000~1,500円
チップあり
保険対人・対物・損害補償
バッグ・服装 完全自由
特徴・招待ボーナスがある
・長距離の配達依頼が多い
募集ページmenu(メニュー)のデリバリー配達員

東京のmenuエリア

東京のmenu(メニュー)のエリアは23区内は全て利用できます。23区外もあきる野市付近以外は利用できます。

現在、 東京でmenu(メニュー)が利用できるエリアは以下の通りです。

東京や近県のmenu(メニュー)の詳しいエリア情報は以下の記事に書いてますのでご覧ください。

東京のmenuの特徴

menu(メニュー)は、日本発のフードデリバリーの配達バイトです。元々はテイクアウト専用アプリだったのですが、2020年4月から東京でデリバリー事業も始まりました。

menu(メニュー)の配達単価は距離によって変わり、レストランにピックしに行く距離も加算されます。

menu(メニュー)はインセンティブが豊富で面白く、配達すると経験値がもらえる仕組みがあり、レベルアップ時に100~10,000円の報酬が支給されます。

配達すればするほど報酬も高くなるという仕組みですね。

1件あたりの配達単価は高いですが、配達依頼件数はUber Eats(ウーバーイーツ)よりは少ないので、平均時給は約1,000~1,500円くらいになりそうです。

Wolt(ウォルト)

Wolt(ウォルト)配達員の仕事内容
報酬制度距離により変動。レストランピックも加算
報酬単価
(1件あたり)
約500~650円
依頼件数〇(多い)
平均時給約1,000~1,400円
チップあり
保険対人・対物・損害補償
バッグ・服装Wolt専用バッグで配達する
特徴・オンライン時間保証がある
・サポートの対応が早くて良い
募集ページmenu(メニュー)のデリバリー配達員

東京のWoltエリア

Wolt(ウォルト)は東京では23区内の一部地域で利用できます。

現在、 東京でWolt(ウォルト)が利用できるエリアは以下の通りです。

  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
東京のWolt(ウォルト)のエリア

東京や近県のWolt(ウォルト)の詳しいエリア情報は以下の記事に書いてますのでご覧ください。

東京のWoltの特徴

Wolt(ウォルト)は、フィンランド発のフードデリバリーの配達バイトです。日本では2020年3月に広島でサービス開始され、東京では2020年10月に始まりました。

以前は知名度の低さからか東京で利用者は少なかったですが、2021年7月にCMを放映してから利用者も増えて結構稼げるようになりました。

Wolt(ウォルト)の特徴はオンライン時間保証という最低時給保証があること。東京では時給1,300円保証されます。

ただし、オンライン時間保証の予約枠は早い者勝ちで、枠が埋まれば適応されません。

Wolt(ウォルト)はサポートが好評で、配達パートナーに対してチャットサポートや電話サポートにも対応しています。配達バイトの未経験者や初心者におすすめです。

Wolt配達員に登録する際、「プロモコード」欄に【DKC2Q‬】と入力すると、Woltの注文で使える800円×2枚のクーポンがGETできますので、ぜひ入力してご登録ください。

【プロモコード】 DKC2Q

タップしてコードをコピーする
 

Chompy(チョンピー)

Chompy(チョンピー)
報酬制度距離により変動。レストランピックも加算
報酬単価
(1件あたり)
約600円
依頼件数△(普通)
平均時給約1,000~1,300円(最低時給保証あり)
チップなし
保険対人・対物・損害補償
バッグ・服装指定のバッグとウェアで配達
特徴最低時給保証で1,300~1,500円もらえる
募集ページChompy配達クルー募集サイト

東京のChompyのエリア

Chompy(チョンピー)は東京では23区内の一部地域で利用できます。

現在、 東京でChompy(チョンピー)が利用できるエリアは以下の通りです。

  • 渋谷区
  • 目黒区
  • 新宿区
  • 豊島区
  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 世田谷区
  • 品川区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 文京区

東京のChompyの特徴

Chompy(チョンピー)は、「おいしさつなごう、笑顔をつくろう」をテーマに掲げる日本発のフードデリバリーサービスのスタートアップ企業です。2020年2月から東京で実証実験を開始しました。

Chompy(チョンピー)の特徴「チャレンジ」と呼ばれる最低時給保証があること。一定の条件をクリアすれば約1,300~1,500円の最低時給がもらえます。

もし何も配達依頼が入らなくても時給1,300~1,500円くらいもらえるのでいいですよね!

また、現在Chompy(チョンピー)では、配達員の登録募集キャンペーン中です!

登録フォームの招待コード欄に、下記の招待コードを入力し、条件を達成すればボーナス報酬がもらえます。

キャンペーンは期間限定で、予告なく終了する場合もありますのでお早めに登録することをおすすめします!

Chompy配達員招待コード

【ボーナス金額】 7,500円

【条件】 登録完了後30日以内に30回の配達を完了

【招待コード】 3VX385

タップしてコードをコピーする
 
【Chompy配達員募集サイト】 Chompy配達員に登録する

foodpanda(フードパンダ)

foodpanda(フードパンダ)
報酬制度距離により変動
報酬単価
(1件あたり)
約800円
依頼件数×(少ない)
平均時給約1,000円(最低時給保証あり)
チップなし
保険なし?
バッグ・服装完全自由
特徴・シフト制
・エリアによって最低時給保証1,000円もらえる
募集ページfoodpanda配達ライダー募集サイト

東京のfoodpandaのエリア

foodpanda(フードパンダ)は東京では23区内の一部地域で利用できます。

現在、 東京でfoodpanda(フードパンダ)が利用できるエリアは以下の通りです。

  • 渋谷区
  • 新宿区
  • 港区
  • 千代田区
  • 中央区
  • 台東区
  • 豊島区
  • 中野区
  • 品川区
  • 目黒区

東京のfoodpandaの特徴

foodpanda(フードパンダ)は、2012年にシンガポールで設立されたフードデリバリーの配達バイトです。日本では2020年9月からサービス開始されました。

東京ではFOODNEKO(フードネコ)というフードデリバリーがあったのですが、2021年4月にfoodpanda(フードパンダ)に統合されたことでサービスが始まりました。

foodpanda(フードパンダ)の特徴はシフト制であること。他の配達バイトのように配達アプリを立ち上げても稼働することはできず、稼働したい時はシフトの予約が必要です。

また、foodpanda(フードパンダ)には、エリアによっては最低時給保証があり、配達依頼こなくても時給1,000円がもらえます。

現状、あまり配達依頼も少ないですし、結構デタラメなところもあるのでおすすめできません。

東京で稼げるおすすめの配達バイトは?

東京で働けるフードデリバリーの配達バイトを6社ご紹介しましたが、結局どのフードデリバリーがおすすめかというと、やはりUber Eats(ウーバーイーツ)と出前館です。

この2社は配達依頼件数が多いので、他と比べて全然稼げます。

なお、このページでご紹介しましたフードデリバリーはすべて個人事業主なので、掛け持ちして働くのも自由です。

ですので、Uber Eats(ウーバーイーツ)出前館の2つに登録して、同時にオンラインにすれば、先に配達依頼が来た方に行くということができますので、そうすれば効率的に稼げます。

といいますか、フードデリバリーで稼いでいるほとんどの配達員は複数の配達バイトに登録しています。

掛け持ちすれば、平日でも日給2万円以上稼げると思いますよ!

東京は全国で一番フードデリバリーが稼ぎやすい都市ですので、サラリーマンの副業はもちろん、配達の仕事を本業にして生活することも全然可能です。

東京に住んでいて今より少しでも収入が欲しい方や、自分の好きな時間に自由に働きたい方などは今回紹介した比較などを参考に、自分にあったフードデリバリーの配達バイトを選んでみてくださいね!

\今おすすめの配達仕事/
Uber Eats
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、配達単価は低めですが、配達件数が一番多いので、結局一番稼げます。

都市によっては日給2万円以上稼いでいる人も多いです!

初心者向けなので、まずはUber Eatsに登録して基本を学びましょう。

募集エリア41都道府県(Uber Eatsエリア
平均時給約1,500~2,000円
特徴・フードデリバリーの火付け役
・配達件数が一番多い(他社より約2~3倍多い)
・面接もなく全てWEB上で登録できる
・報酬は週払い
・初期費用や月額費用などないのでリスクなし
おすすめ度

詳細ページ公式サイト

現在、登録申し込みや注文依頼が殺到しているため、登録完了するにはUber公式サイトから登録して7~10日くらいかかります。

ですので、少しでも興味ある方はお早めに登録することをおすすめします。

menu(メニュー)クーポン

【プロモーションコード】
tpg-8vfshx

タップしてコードをコピー

menu(メニュー)クーポン獲得方法

【a】Uber Eats フード注文

【クーポン金額】
2,000円OFF

【使用期限】
10月3日まで

【プロモーションコード】
JPEATS2003

タップしてコードをコピー