Uber Eats注文者・レストラン向け情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金は高い?送料や手数料はいくらかかる?

最近話題のフードデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、気になってはいても、料金が高いって聞くので利用するのを躊躇している人もいると思います。

実際、Uber Eats(ウーバーイーツ)のデリバリーには送料や手数料がかかり、店舗で食べるより料金が高いです。

このページでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文にかかる料金について解説していきますので、Uber Eats(ウーバーイーツ)の送料や手数料、安く食べる方法などを知りたいという方は要チェックです!

このページで分かること
  • なぜUber Eatsの料金は高いのか?
  • 料理の値段が安いレストラン
  • 送料や手数料はいくらなのか?
  • 注文料金を安くする方法
▼Uber Eatsクーポン情報▼
 

【割引額】
2,000円

【使用期間】
8月8日まで

【条件】
Uber Eats初めて利用する方

【プロモーションコード】
JPEATS2000

タップしてコードをコピーする
 
【Uber Eats公式サイト】

※上記のリンク経由で注文しないとクーポンが適応にならない場合がありますので、リンクから注文してください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金は高い?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金は店舗で食べるより高いのでしょうか?

結論から言うと、割引クーポンを使わなければ、Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金は店舗で食べるより高いです。

例えば、松屋の牛丼は店舗だと380円ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)だと500円です。およそ30%も高いです。

なぜこんなに料金が高くなるのか?その理由を解説します。

Uber Eats: 地元で人気の料理をお届け

Uber Eats: 地元で人気の料理をお届け

Uber Technologies, Inc.無料

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金が高い理由

なぜUber Eats(ウーバーイーツ)の料理の値段が店舗より高いのかというと、レストランはUber Eats(ウーバーイーツ)に手数料を払っているからです。

手数料は35%!めっちゃ高いですよね(^^;)

だから、レストランとしては料理の値段に手数料を上乗せした料金にしないと儲からないのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料理の値段は店舗で食べるよりどのくらい高くなっているのか?有名チェーン店の料金をご紹介します。

レストラン料理名店舗Uber Eats割増率
吉野家牛丼380円570円約50%
モスバーガーモスバーガー370円450円約22%
バーミヤンラーメン538円650円約21%
ほっともっとのり弁360円580円約61%
マクドナルドテリヤキマックセット630円700円約11%

割増率は結構バラバラですね。平均すると30%くらいUber Eats(ウーバーイーツ)が高くなると思います。

というか、ちょっと吉野家とほっともっとは高すぎじゃないですか!?元々の値段が安いとはいえ、なんでこんな高いんでしょう・・・ぼったくり?(笑)

逆にマクドナルドは極端に安いですね。店舗で食べる料金とそんなに変わらない料金でUber Eats(ウーバーイーツ)で販売されています。恐らくUber Eats(ウーバーイーツ)と特別な取り決めがあるんだと思います。

普及させるためにUber Eats(ウーバーイーツ)から声をかけて出店をお願いした大手チェーン店とかは手数料が安くなっているかもしれませんね。

個人レストランでも手数料は若干違うらしく、最初は手数料安かったけど今は35%になったというレストランもあるようです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で料金が安いチェーン店は?

上記でご紹介しました通り、ほとんどのレストランでは、店舗で食べるよりおよそ30%くらいUber Eats(ウーバーイーツ)の方が料理の値段が高いです。

ですが、実は一部のチェーン店では、店舗で食べるのとほとんど変わらない料金で料理を提供しています。

具体的にいうと、以下のお店がUber Eats(ウーバーイーツ)の料金と店舗で提供している料金がほとんど同じです。

Uber Eatsと店舗の料金がほぼ同じ店
  • マクドナルド
  • ケンタッキーフライドチキン
  • スターバックスコーヒー
  • デニーズ
  • ステーキガスト
  • ゴンチャ
  • ローソン

これらの飲食店(コンビニ含む)は店舗で食べるのとあまり変わらない料金でUber Eats(ウーバーイーツ)でも食べられます。

具体的にどのくらい料金に差があるのか表にしました。

レストラン料理名店舗Uber Eats割増率
マクドナルドビッグマック390円420円8%
ケンタッキーオリジナルチキン1P250円270円8%
スターバックスドリップコーヒー363円356円-2%
デニーズ和風ハンバーグ768円790円3%
ステーキガストカットステーキ約160g989円1,000円1%
ゴンチャタピオカ紅茶ミルクティー540円540円0%
ローソン和風シーチキンマヨネーズおにぎり116円116円0%

一部の商品は8~10%くらい高くなっているものもありますが、ほとんどの料理は店舗で食べるのと同じ料金でUber Eats(ウーバーイーツ)でも提供しています!

ローソンもほとんどの商品が店舗と同じ料金で買えますが、からあげクンなどのレジ横にある揚げ物系は約20%料金が高いです。

それと、なぜかスターバックスなど稀に店舗の料金よりUber Eats(ウーバーイーツ)の方が安い場合もあるのが驚きです。

ということで、この7つの飲食店(コンビニ含む)は料金が安いので、お得にUber Eats(ウーバーイーツ)を使いたい方は利用することをおすすめします!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の送料や手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、料理代金の他に送料(配送手数料)とサービス手数料がかかります。

送料(配送手数料)とサービス手数料はいくらかかるのかを詳しく解説します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の送料は50円~

Uber Eats(ウーバーイーツ)の送料は50円~で、レストランと配達先との距離などから自動的に算出されます。

基本的には距離が近ければ近いほど安くて、徒歩10分圏内にあるレストランは送料50円~100円で注文できます。

送料が決まる要素は「距離」の他に「人気」も関係していると思います。同じ距離にあるレストランでも人気の高いマクドナルドの方が送料が高かったりします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービス手数料は10%

サービス手数料とは、注文した小計(料理代金)にかかる料金で、小計の10%(上限200円まで)かかります。

例えば、小計が1,500円の場合サービス料は150円です。

料理代金が高くなればなるほどサービス料も高くなりますが、上限は200円までなので、小計が3,000円でもサービス手数料は200円です。

700円未満は最低注文手数料がかかる

Uber Eats(ウーバーイーツ)は最低注文料金はありませんが、注文料金が700円未満の場合、手数料150円がかかります。

ウーバーイーツの最低注文手数料(左)700円以上のため少額手数料なし。(右)700円以下のため少額手数料150円

左の画像では小計700円に対し、70円(サービス料10%)と150円(配送手数料)で合計220円の手数料がかかります。

一方、右の画像は小計250円に対し、25円(サービス料10%)と150円(配送手数料)、そして150円の最低注文手数料。合計325円の手数料がかかります。

もはや料理代金より手数料の方が高いので、700円以上頼んだ方が良いですね。

ピークタイムに送料が高くなったりエリアが狭くなる場合がある

それと、送料はピークタイムや雨の日など、配達パートナーの数が不足している場合、通常より送料が高くなったり、通常より注文できるエリアが狭くなる場合があります。

リアルタイムに変動するので、5分後には通常の送料に戻っている場合もあります。

現在の送料(配送手数料)はUber Eats(ウーバーイーツ)のアプリのレストランのところに書いていますので確認できます。

ウーバーイーツの送料

送料は月額980円で定額制にできる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文にかかる送料について説明しましたが、2020年8月から送料を定額制にするサービス「Eatsパスが始まりました!

Eatsパスは、月額980円のサブスクリプションサービスです。Eatsパスを購入すると、1,200円を超える注文の配送手数料が、常に無料となります。

回数制限がありませんので、何度でも配送手数料0円で利用できます。

しかも、最初の1か月は無料で利用できます。その無料期間中に解約手続きすれば、1円もかからず送料が完全無料で利用できます。

1か月間無料サービスは予告なく終了する場合があります。

ただし、サービス料(料理代金の10%)は無料になりませんので、ご注意ください。

だいたい月に4~5回Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文したら元が取れるので、その回数以上利用する方はEatsパスを活用することをおすすめします!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配送料が無料に!Eatsパスを解説
Uber Eats(ウーバーイーツ)のEatsパスとは?月額980円で配送料が定額Eatsパスとは、月額980円でウーバーイーツの料理の注文に掛かる送料が何度でも無料になるサブスクサービスです。Eatsパスは何回頼めばお得か?プロモーションコードと併用できる?Eatsパスの購入方法や注意点は?Eatsパスの解約方法について解説します。...

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金を安くする方法

説明しました通り、Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金は店舗で食べるより結構割高になります。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金は料理の値段が安ければ安いほど手数料は抑えられますが、700円未満だと高くなります。

ですが、安く食べる方法もあります。それはクーポン(プロモーションコード)を利用することです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)にはお得に利用できる初回割引クーポンがあります。

アプリ内に「プロモーション」という項目がありますので、そこに当サイト限定のプロモーションコードJPEATS2000と入力すれば、2,000円分の割引クーポンがGETできますので、ぜひ利用してみてください!

このクーポンを利用すれば、店舗で食べるより安く食べることができますよ!

その他にも期間限定でワンコインキャンペーンとか送料無料キャンペーンのようなお得なキャンペーンをやっています。

通常より安い料金で食べられるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリをダウンロードしてチェックしてみてください!

Uber Eatsと他のフードデリバリーの料金を比較

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金は出前館やmenu(メニュー)など他のフードデリバリーサービスと比べて高いのか安いのか比較していきます。

料理の値段を比較

結論からいうと、料理の値段はどのフードデリバリーサービスも同じです。

全てのレストランを確認したわけではないので中には違うレストランもあるかもしれませんが、何店舗か比較したところ、どのフードデリバリーサービスも同じ値段でした。

例えば、マクドナルドはUber Eats(ウーバーイーツ)で料理の値段が安いですが、出前館でも同じ料金で提供しています。

送料や手数料を比較

送料や手数料は各フードデリバリーサービスごとにシステムが異なります。ということで、比較してみました。

サービス名送料手数料
Uber Eats(ウーバーイーツ)
(ウーバーイーツ)
50円~
(距離などにより変動)
・料理代の10%
・700円未満は手数料150円
出前館店舗による
(無料~500円前後)
なし
menu
(メニュー)
300~550円
(距離により変動)
1,000円未満は手数料150円
Wolt
(ウォルト)
99~299円
(距離により変動)
1,200円未満は差額分の追加料金
DiDi Food
(ディディフード)
200~500円
(距離により変動)
なし
foodpanda
(フードパンダ)
無料キャンペーン中無料キャンペーン中
Chompy
(チョンピー)
無料~500円なし
楽天デリバリー店舗による
(無料~500円前後)
なし
ファインダインなし料理代の15%前後
送料・手数料は期間により変更になる場合があります。

各フードデリバリーサービスの送料と手数料を比較しましたが、安いデリバリーサービスはWolt(ウォルト)とfoodpanda(フードパンダ)ですね。

逆に送料と手数料が高いデリバリーサービスはUber Eats(ウーバーイーツ)とファインダインです。

ですが、エリアによって変わります。Uber Eats(ウーバーイーツ)も地方の都市だと距離に関わらず50~100円のレストランも多かったりします。

お住まいの都市で利用できるフードデリバリーサービスがあれば一度住所を入力してみるといいかもしれません。

クーポンの割引料金を比較

Uber Eats(ウーバーイーツ)には初回限定の割引クーポンがありますが、他のフードデリバリーサービスにも割引クーポンを発行しているところもあります。

ということで、各サービスの割引クーポンを比較してみました。

出前アプリ名クーポン割引額クーポンコード
Uber Eats2,000円JPEATS2000
出前館1,000円SCd03
menu1,000円×2枚tpg-8vfshx
Wolt800円×2枚DKC2Q
Chompy1,000円3VX385
DiDiフード合計3,000円FOOD-GV8XYA
foodpanda1,000円このリンク経由で登録すると自動で適用
期間によってクーポン金額が変わる場合もあります。

各フードデリバリーサービスのクーポン料金を比較しましたが、割引額が高いデリバリーサービスはmenu(メニュー)とDiDiフードですね。

その他はほとんど同じくらいの割引額です。

とはいえ、クーポンを使えばお得に利用できるので、初回限定クーポンは全て利用したほうが良いと思います。

なお、以下の記事でフードデリバリーアプリの比較をしていますのでご覧ください。

出前・宅配・フードデリバリーアプリ9種を比較!おすすめアプリは?
出前・宅配・フードデリバリーアプリ9種を比較!おすすめアプリは?出前・宅配・フードデリバリーアプリは新型コロナウイルスの影響もあり、利用者が急増しています。このページでは、出前アプリを比較し、おすすめの出前アプリや出前アプリの選び方をご紹介します。...

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文にかかる料金についてご紹介しましたが、最後にざっくりまとめます。

Uber Eatsの料金まとめ
  • Uber Eatsの料金は店舗より約30%高い
  • マクドナルドやケンタッキーなど一部チェーン店では店舗とほぼ同額
  • 送料は50円~で距離や人気などにより変動
  • 小計の10%(上限200円)の手数料がかかる
  • 注文料金700円未満は手数料150円
  • 初回限定割引クーポンがある

結論としては、レストランや距離などによって変わりますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は店舗で食べるより平均500円くらい店舗で食べるより料金が高くなります。

店舗に行くまでの手間と時間を考えると良いサービスではないかと思います。

また、初回限定クーポンを使えば店舗で食べるより安くなる場合があるので、まずは一度利用してみることをおすすめします!

UberEats(ウーバーイーツ)の料理の注文方法とアプリの使い方
Uber Eats(ウーバーイーツ)の料理の注文方法とアプリの使い方このページではウーバーイーツで料理を注文する方法やUberEatsアプリの使い方について詳しく解説していきます。...
注文アプリおすすめベスト3

おすすめのフードデリバリーサービスの注文アプリBest3をご紹介します!

Uber Eats
【a】Uber Eats フード注文

Uber Eats(ウーバーイーツ)はレストラン加盟店舗数日本一。

大手チェーン店から個人レストランまで注文できます。

8月8日まで期間限定で2,000円クーポンを発行しているので、この機会をお見逃しなく!

おすすめ度
掲載店舗数100,000店舗以上
配達エリア40都道府県(Uber Eatsエリア)
クーポン2,000円割引(クーポンコード:JPEATS2000)

詳細ページクーポン入手

menu
menu(メニュー)2000円割引クーポン

menu(メニュー)は日本発のフードデリバリーサービス。

menuはUber Eatsにも加盟していない有名な個人レストランが掲載していることもあります。

配達エリア内で利用する機会があれば、クーポンを使って注文してみるといいです!

おすすめ度
掲載店舗数60,000店舗以上
配達エリア47都道府県menuエリア
クーポン合計2,000円割引(クーポンコード:tpg-8vfshx)

詳細ページクーポン入手

 

出前館

出前館はピザや寿司のようなデリバリー専門店が多かったですが、最近は個人レストランや大手チェーンレストランが急増し、かなりレストランが豊富になりました。

基本的にUber Eatsよりも手数料が安いので、お得にデリバリーしたいという方にもおすすめです。

おすすめ度
掲載店舗数70,000店舗以上
配達エリア全国(出前館エリア
クーポン1,000円割引(クーポンコード:SCd03)

詳細ページ出前館

menu(メニュー)クーポン

【プロモーションコード】
tpg-8vfshx

タップしてコードをコピー

menu(メニュー)クーポン獲得方法

【a】Uber Eats フード注文

【クーポン金額】
2,000円OFF

【使用期限】
8月8日まで

【プロモーションコード】
JPEATS2000

タップしてコードをコピー

【初回限定】1,000円OFFクーポン!
クーポンをGET