Uber Eats配達員の情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達8つのデメリットと9つのメリット

UberEats(ウーバーイーツ)配達員のメリット・デメリット

「好きな時にいつでも働ける副業」と注目されているUber Eats配達パートナー(ウーバーイーツ配達員)。

大きなバッグを背負って自転車で料理を運んでいるのを街を見かけて気になっていたけど、どんな仕事内容なのかと気になっている人も多いと思います。

そこで、実際に副業でUber Eats配達パートナー(ウーバーイーツ配達員)をしている私の意見や他の配達員の感想を元に、Uber Eats配達パートナー(ウーバーイーツ配達員)はどんなメリット・デメリットがあるかご紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員8つのデメリット

まずは実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員バイトをやってみて感じたデメリットを8つご紹介します。

天候に左右される

Uber Eats(ウーバーイーツ)は基本的には自転車かバイクで配達しますので、真夏は暑いし、真冬は寒いです。ずっと外にいるので思っている以上に暑かったり寒かったりします。

また、雨の日など天気の悪い日は道路も滑りますし事故の危険性も出てきます。

ただ、真夏(7月~8月)や真冬(12月~2月)そして雨の日は、いつもより稼働している配達員が減るので配達依頼が増えます。それに加えてインセンティブも貰えることが多いので、時給2,000円くらい超えることもザラにあります。

もちろんそういう悪天候の日にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をやるかやらないかは自分で決めれます。過酷な環境を取るかお金を取るか・・・悩ましいですね(笑)

配達バッグが大きくて恥ずかしい

ウーバーイーツ緑のバッグ

Uber Eats(ウーバーイーツ)のバイトには興味あるけど、「Uber Eats」とデカデカと書かれたあの大きなバッグを背負ってやるのは恥ずかしいという人も多いですよね。そういう人にとってはデメリットですね。

ですが、実はあの配達バッグは必須ではないんです。別にあのバッグじゃなくても保温・保冷ができるバッグであれば何でも大丈夫です。

Amazonや楽天にもデリバリーバッグ売っているので、恥ずかしいという人は探してみるといいと思います。ただ小さすぎると料理が入らなくなるかもしれませんので気を付けてください。


あとは雨除け用の防水カバーを付けている人もいますね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達バッグに抵抗がある人はこのような対策もできますよ。

一人で黙々とやっていると寂しくなる

Uber Eats(ウーバーイーツ)は上司も部下もいない個人事業主です。

一人でやるので気楽ではありますが、人によっては少し寂しく感じるかもしれません。

私も最初は寂しく感じた時もありましたが、途中から全然慣れちゃいました(笑)

他のUber Eats配達パートナー(ウーバーイーツ配達員)の人と話しかったり情報交換したいなと思ったらマクドナルド付近に行くことをおすすめします。

マクドナルドは恐らくUber Eats(ウーバーイーツ)で一番注文が入るレストランです。土日ともなれば料理が出来上がるのを待っているUber Eats配達パートナー(ウーバーイーツ配達員)で溢れかえっているので、交流の場になっていたりします。

自転車だと体力に限界が来る

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を普通のママチャリやシティサイクルでやろうとしている人は1日中稼働するのは大変だと思います。

私も初期の頃は普通のシティサイクルでやっていましたが、5件くらい配達したら太ももが悲鳴を上げていました・・・。逆に言うと、筋トレやダイエットには効果的なんですけどね!

「まずはお試しで」という感じでしたらママチャリかシティサイクルで問題ないですが、しっかりやりたい人はクロスバイクやロードバイク、または電動アシスト自転車でやることをおすすめします。

ちなみに、実はUber Eats(ウーバーイーツ)は車でも配達できます。ただし事業用登録されている黒色のナンバープレートの軽自動車に限ります。

普通の自家用車やレンタカーでは配達できないのでご注意ください。

事故の可能性がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)は自転車やバイクで配達するので事故のリスクはあります。

実際に私も雨の日に自転車で転んだ経験があります。怪我はありませんでしたが料理はぐちゃぐちゃになってしまいました・・・。

事故で怪我をすれば治るまでUber Eats(ウーバーイーツ)の仕事もできませんし、本業にも支障が出るかもしれません。

ただ、Uber Eats(ウーバーイーツ)は保険があります。対人・対物賠償責任の保険や傷害補償制度を提供しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達中に事故に遭ったら医療費や入院費などの見舞金を補償してくれますのでご安心ください。

とはいえ、焦らず安全運転第一で配達することを心掛けてくださいね。

UberEatsのサービスエリアが限られている

Uber Eats(ウーバーイーツ)は日本全国どこでもサービスを展開しているわけではありません。

現在(2020年1月)のUber Eats(ウーバーイーツ)のサービスエリアは以下の通りです。

  • 東京都(23区・町田市・西東京エリアや多摩地区の一部)
  • 神奈川県(横浜市・川崎市)
  • 千葉県(市川市・船橋市・千葉市・習志野市・浦安市)
  • 埼玉県(さいたま市・戸田市・蕨市・川口市・草加市・新座市・和光市・朝霞市・志木市)
  • 大阪府(大阪市・東大阪市・八尾市・豊中市・吹田市)
  • 京都府京都市
  • 兵庫県(神戸市・芦屋市・西宮市・尼崎市)
  • 愛知県名古屋市
  • 福岡県福岡市
  • 広島県(広島市・福山市)
  • 岡山県岡山市
  • 愛媛県松山市
  • 香川県高松市
  • 宮城県仙台市(2020年4月2日開始)

どんどんUber Eats(ウーバーイーツ)が利用できるエリアは拡大しているので、自分の住んでいる場所が今はまだエリア外の人も近いうちにエリア内になるかもしれませんよ。

郊外のエリアだとあまり稼げない

そもそもUber Eats配達パートナー(ウーバーイーツ配達員)はいくらくらい稼げるかというと、こちらの記事でも書きましたが、時給でいうと1,000円~1,700円くらいです。

ですが、これは東京都内や繁華街エリアの場合の時給です。

ウーバーイーツは基本的には人口が多い繁華街の方が稼ぎやすい傾向にあり、郊外のエリアだとそこまで稼げないかもしれません。

郊外のエリアでやっていて「あまり稼げないなぁ」と感じたら都心部にあるレンタル自転車のサービスを利用して稼ぐという方法もあります。

アイドルタイムは配達依頼が少ない

Uber Eats(ウーバーイーツ)は完全歩合制です。時給制ではないので配達依頼がなければ稼げません。

ウーバーイーツは料理の配達専門なので、やはりランチタイムとディナータイムが配達依頼多いです。

14時~17時くらいのアイドルタイムはやはり配達依頼が少なく、どうしても待機時間が長くなります。特に平日は。

自宅付近でやっている人は一旦家に帰るのもいいと思います。色々試してみて効率的に稼ぐコツを掴んでみてください。

Uber Eatsの登録はこちら

UberEats(ウーバーイーツ)配達員9つのメリット

続いて、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員バイトをやってみて感じたメリットを9つご紹介します。

自分の好きな時間に働ける

なんといってもこれが一番のメリットですよね!Uber Eats(ウーバーイーツ)は自分の好きなタイミングで好きなだけ働くことができます。

  • 夕方まで暇だけど何しよう
  • 今月ちょっと金欠だなぁ
  • あの洋服欲しいなぁ

なんてときにアプリを起動してUber Eats(ウーバーイーツ)の配達すれば、すぐに稼ぐことができます。

こんなのなかなかなくないですか?Uber Eats(ウーバーイーツ)は副業には本当に最高なバイトだと思いますよ!

給料の振り込みは週払い

しかもUber Eats(ウーバーイーツ)の給料は週払いです。これも大きなメリットですよね!

月曜日から日曜日に稼いだ給料が翌週の木曜日くらいに指定の銀行口座に振り込まれます。金欠のときには有難いですよね!

さらにUber Eats(ウーバーイーツ)は現金払いの配達も受けることができます。お客さんから貰った現金は給料前払いのようにそのまま自分のものにできますので、即日現金を手に入れることも可能ですよ!

人間関係に悩まない

Uber Eats(ウーバーイーツ)はうるさい上司もいないので、誰にも指示されず自分のペースでできます。

そのため面倒な人間関係に悩んでストレスを溜め込むようなことはありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でコミュニケーション取るのはレストランと配達先で最低限の挨拶するくらいです。ですので、コミュニケーションが苦手な人も問題なくできます。

それと、出勤という概念がないので、満員電車に乗らなくてもいいのも嬉しいですよね。

服装や髪型も自由に働ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)は服装自由です。金髪や赤髪でもいいですし、ヒゲを生やしても問題ありません。

普通のバイトだと制限されることも多いと思いますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)はありませんので嬉しいですよね。

ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)には「評価」があります。評価が下がりすぎるとアカウント停止になりますので、なるべく清潔感がある方が良いです。やはり料理を運ぶので、そこは気を付けましょう。

運動不足が解消される

適度な運動はストレス解消に効果的といいますので、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を自転車でやるのは健康不足解消に最適です。

続けていれば体力もつきますし、ダイエットにも効果的です。

お金が稼げて健康的とか、まさに一石二鳥ですよね!

日頃オフィスにこもって仕事をしている人は副業にいかがでしょうか?

誰でも簡単に登録できる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員は誰でも簡単に登録できます。面接もありません。

年齢は18歳以上であれば大丈夫なので、高校生でも18歳の誕生日を迎えれば登録できます。

年齢の上限もありませんので、定年退職した人でも登録できますし、外国人は在留カードか証印シールが貼られているパスポートがあれば登録できます。

ただし、スマホのアプリを使うので、電話の発着信ができるスマホがないと登録できません。

普段行かないエリアで新しい発見がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)はアプリの指示に従い、指定されたレストランで料理を受け取り、注文場所に料理を運ぶので土地勘が身に付きます。

普段行かないエリアや知らないレストランに行くと「こんなところに公園があったんだ」「このレストラン美味しそう」というような新しい発見もあって楽しく仕事ができますよ。

ゲーム感覚で楽しくお金が稼げる

Uber Eats(ウーバーイーツ)にはインセンティブが豊富にあります。

特に「クエスト」「ピーク料金」はゲーム的な要素があって、まるで「謎解きゲーム」や「ポケモンGO」のようなゲームをやっているような感覚になり、自然とモチベーションが高まります。

アプリの指示に従いながらゲーム感覚で配達してお金を稼ぐという感じでしょうか。

Uber Driverアプリに配達依頼が来たときに鳴る「ピコーン」って音は不思議と中毒性があります(笑)

日給2万円以上も可能

Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達するエリアや曜日によっては時給2,000円以上、日給20,000円以上も可能です。実際に私も経験あります。

バイクであればどのエリアでも稼げますし、自転車でも都心部であれば、副業どころか本業にできるくらい稼げると思いますよ!

毎日のように日給20,000円超えることは厳しいかもしれませんが、15,000円×週5=月収30万円は現実的に稼げる金額なので、その辺でバイトするより全然稼げるのではないのでしょうか?

Uber Eatsの登録はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達バイトはこんな人におすすめ!

Uber Eats配達パートナー(ウーバーイーツ配達員)のメリット・デメリットをご紹介しましたが、まとめるとUber Eats配達パートナー(ウーバーイーツ配達員)はこのような人におすすめできるバイトです。

Uber Eats配達員がおすすめな人
  • Uber Eatsのサービスエリア内に住んでいる人
  • 副業をしたいと考えている人
  • 125cc以下のバイクを持っている人
  • 運動不足に悩んでいる人
  • 借金があったり金欠ぎみな人
  • ワイワイ騒ぐより一人が好きな人
  • 体力に自信がある人
  • 休職中や転職活動中の人
  • 主婦
  • 学生

逆にUber Eats(ウーバーイーツ)が向いていない人は地道に働くことが苦手な人や飽きっぽい人です。

とはいえ、Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録は無料なので、まずは一度やってみて、やっぱり自分には向いていないと思えばやらなければ良いだけですからね。

ちょっと大げさかもしれませんが、私はUber Eats配達パートナー(ウーバーイーツ配達員)をやってから本当に人生が変わりました。登録しておいて損はないと思います。お金がないときにいつでも稼げるという安心感は本当にありがたいですよ!

Uber Eatsに登録して稼ぐ

Uber Eatsの質問・相談にお答えします!
ウーバーイーツLINE@

当サイト【デリバリー配達員】の公式LINE@をはじめました!

Uber Eatsの登録で分からないことや相談がありましたらお気軽にメッセージください!原則24時間以内に返信いたします。

その他にも

  • Uber Eatsの最新情報
  • Uber Eatsの稼げるコツ
  • Uber Eatsのお役立ち情報

 

などを不定期に配信いたします。

Uber Eats配達パートナーの方、これからやろうとしている方の役に立つ情報を配信していきますので、お気軽にお友達登録してくださいね!

友達に追加してみる