menu(メニュー)

1からわかる!フードデリバリーサービスmenu(メニュー)を徹底解説!

menu(メニュー)をご存知でしょうか?menu(メニュー)はテレビCMも放送しているほど、今最も勢いのあるフードデリバリーサービスです。

このページでは、menu(メニュー)とはどういうサービスか、仕組みやメリット、詳しい配達エリアや営業時間などを徹底解説します!

menu(メニュー)とはどんなフードデリバリーサービス?

menu(メニュー)とは?

menu(メニュー)とは、スマホ1つで簡単にレストランの料理をデリバリー(出前)とテイクアウト(持ち帰り)ができるフードデリバリーアプリです。

アプリ内でメニューを選び、事前に決済を済ませることで、地元の人気レストランや大手チェーンレストランの料理が並ばずに食べることができます。

フードデリバリーサービスと言えば、Uber Eats(ウーバーイーツ)のように海外発のものが多いですが、menu(メニュー)は日本発のフードデリバリーアプリです。

言ってしまえば、日本版Uber Eats(ウーバーイーツ)といったところでしょうか。

menu(メニュー)は元々テイクアウト専用アプリでしたが、2020年4月から東京23区内でデリバリー事業に参入しました。

menu(メニュー)の運営元は?

menu(メニュー)は日本発のサービスですが、運営元はmenu株式会社です。

親会社は株式会社レアゾン・ホールディングスで、グループ会社にはスマホゲームのドラゴンエッグやドラゴンスマッシュで有名な株式会社ルーデルがあります。

ゲーム会社が運営・開発しているから技術力も高いんですね!

menu(メニュー)の仕組み


menu(メニュー)は簡単に言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)と仕組みは同じです。

menu(メニュー)に加盟したラストランの料理を注文者(ユーザー)がアプリから頼み、その料理をmenu(メニュー)の配達員に登録した一般人が配達します。

ピザハットや上海エクスプレスのような従来の出前と大きく違う点は、料理の配達方法です。

従来の出前では自社で配達スタッフをアルバイトなどで雇っていました。そのためデリバリー事業をやるには人件費がかかるので、個人レストランや中小レストランがデリバリー事業をやるにはハードルが高かったです。

ですが、menu(メニュー)ではレストランの従業員ではなく、menu(メニュー)に登録している一般人が配達することで、個人レストランでもリスクなくデリバリー事業を始めることができます。

また、全ての料理の注文はスマホアプリから行います。事前にクレジットカード決済するので、煩わしい現金のやり取りは不要です。

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menu, Inc.無料

menu(メニュー)のメリット

menu(メニュー)のメリット

menu(メニュー)を利用することで、注文者、レストラン、配達員はそれぞれにメリットがある三方良しのビジネスモデルです。

それぞれどのようなメリットがあるのか具体的にご紹介します。

注文者のメリット

menu(メニュー)の注文者(ユーザー)のメリット

注文者(ユーザー)のメリットは、menu(メニュー)のアプリから注文することで、近くの個人レストランや大手チェーンレストランの料理が自宅や会社にいながら食べられることです。

従来の出前はピザ、寿司、中華がほとんどでしたが、menu(メニュー)のお陰でデリバリーできる料理の選択肢が劇的に増えました。

また、料理を選ぶ前に到着時間の目安も確認できるので、忙しくてご飯を食べる時間がないときなどにも非常に便利です。ちなみに、ほとんどの場合、30分以内で到着します。

あと、menu(メニュー)ではお得なクーポンがあり、初回限定で1,000円×2枚の合計2,000円分の割引クーポンが入手できます。

アプリをダウンロードして、私の招待コード【tpg-8vfshx】をクーポンコード入力画面に入力すると、合計2,000円のクーポンがもらえます。

クーポンを利用すればお店で食べるより安く利用できるので、ぜひ利用してみてください!

menu(メニュー)のクーポン情報!合計2,000円のクーポンコード
【2,000円割引】デリバリーアプリmenu(メニュー)のクーポン情報!【menu2,000円割引クーポンコード→tpg-8vfshx】menu(メニュー)でクーポンを利用すれば、店舗よりも安く美味しいご飯を食べることも可能です!このページでは、menuでお得に注文したい方のために、menuで一番安いクーポン情報をご紹介します!...
  • 合計2,000円クーポンもらえる
  • 利用エリア拡大中


無料
menuの注文はこちら

リンク先:menuアプリダウンロード

電話番号、メールアドレス、配達先住所のみで注文できます。

レストランのメリット

menu(メニュー)のレストラン(加盟店)のメリット

menu(メニュー)のレストラン(加盟店)のメリットは、リスクなく簡単にデリバリー事業を導入できることです。

しかも、2022年3月まで初期設定費、サービス利用料、カード手数料がすべて無料なので、やらない理由はないくらいです。

ちなみに、こちらの記事(Uber Eatsレストランパートナーの売上は?出店中の飲食店に取材)でご紹介しましたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の売り上げは店の売り上げの25%くらいだそうです!

店全体の売り上げが月に1,000万円あるとしたら250万円がデリバリーですので凄いですよね。加盟していなかったらなかった売上ですからね。

まずはmenu(メニュー)の加盟店に申し込み・問い合わせして、担当者に詳しい話を聞いてみるといいと思います。

  • リスクなしで売上アップ
  • 初期費用完全無料


無料
menuレストランに加盟する

リンク先:menuレストラン加盟申し込みページ

申し込みから1週間前後で利用できます。

配達員のメリット

menu(メニュー)の配達員(クルー)のメリット

menu(メニュー)の配達員(配達クルー)は、自分の好きなタイミングでいつでも仕事ができることが一番にメリットです。

menu(メニュー)の配達員はレストランの料理を配達することでお金を稼ぐことができます。

アプリを起動させるだけで働けるので、仕事終わりに2~3時間だけ、休日のお昼だけなどスキマ時間に働くということができますので副業に最適です。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)や他のデリバリーサービスと兼業することができますので、同時にアプリをオンラインにして、先に配達依頼が入った方に行くということもできます。

また、現在menu(メニュー)では配達員の登録募集キャンペーン中です!

登録フォームの招待コード欄に、私の招待コード【FJN564】と入力して、下記の条件を達成するとボーナス報酬を受け取ることができます。

登録フォームの招待コード欄に、私の招待コード【FJN564】と入力して、下記の条件を達成するとボーナス報酬を受け取ることができます。

都市報酬条件
千葉
埼玉
兵庫
10,000円5月31日までに50回配達達成
富山
佐賀
鹿児島
沖縄
10,000円9月30日までに30回配達達成
その他の都道府県
(北海道・宮城・東京・神奈川・愛知・京都・大阪・広島・福岡・熊本を除く)
10,000円5月31日までに30回配達達成
  • 報酬は高単価
  • 面接無し!Web登録のみ


無料
menu配達員に登録する

リンク先:menu配達員申し込みページ

ボーナス1万円キャンペーンは予告なく終了する場合があります。

menu(メニュー)デリバリー配達員に登録!オンライン登録方法を解説
menu(メニュー)デリバリー配達員の登録方法を解説!【1万円の招待コードあり】【期間限定1万円招待コードあり→FJN564】日本発のフードデリバリーサービスmenu(メニュー)のデリバリー配達員の登録方法は超簡単!登録は全てオンラインで完了できます。登録方法、必要書類など詳しく解説します!...

menu(メニュー)の配達エリア

menu(メニュー)の配達エリア現在のmenu(メニュー)の配達エリアは日本全国47都道府県すべての都道府県で利用できます。

かなり多いですよね!都道府県の数で言えば、Uber Eats(ウーバーイーツ)のエリアより多いです。

とはいえ、もちろん県内全域で利用できるとわけではありません。利用できない市区町村もあります。

詳しいmenu(メニュー)のエリアは以下の記事に書いています。

【最新版】menu(メニュー)の配達エリアは?デリバリーできる範囲を解説!
【最新版】menu(メニュー)の配達エリアは?デリバリーできる範囲を解説!現在のmenu(メニュー)の配達エリアは東京都、川崎市、横浜市、名古屋市、京都市、大阪府、福岡市です。各都市の最新のmenu(メニュー)のエリア・範囲を地図付きで具体的にご紹介します。...

menu(メニュー)の営業時間

menu(メニュー)のデリバリーの営業時間はエリアによって違います。

東京のmenu(メニュー)営業時間

東京のmenu(メニュー)の営業時間は以下の通りです。

青エリア:24時間
黄エリア:10:00~24:00
赤エリア:10:00~22:00

都心部は24時間営業しているのは驚きですね。夜食や朝食もデリバリーできます。

もちろん営業時間はレストランによって変わります。深夜などは24時間営業のレストランが多いですね。

大阪のmenu(メニュー)営業時間

大阪のmenu(メニュー)の営業時間は以下の通りです。

黄エリア:10:00~24:00
赤エリア:10:00~22:00

梅田エリアから難波エリアまでが10時~24時までという感じですね。

福岡のmenu(メニュー)営業時間

福岡のmenu(メニュー)の営業時間は以下の通りです。

黄エリア:10:00~24:00
赤エリア:10:00~22:00

博多駅エリアから天神エリア付近が10時~24時までという感じですね。

その他のエリアの営業時間

名古屋、京都、札幌などその他のエリアの営業時間は10時~22時までです。

注文場所が営業時間外の場合、アプリのトップページにそのエリアの注文可能時間メッセージが表示されます。

まずはmenu(メニュー)のアプリをダウンロードしよう!

フードデリバリーサービスのmenu(メニュー)について解説しましたが、menu(メニュー)はこれからのアフターコロナ時代にとって非常に重要なサービスと言えるでしょう。

外食する機会も減ると思いますので、menu(メニュー)のようなサービスは非常にありがたいですよね。

しかもクーポンを使えば安く利用できますので、まずはmenu(メニュー)のアプリをダウンロードして使用してみてください。

配達バイトおすすめベスト3

おすすめのフードデリバリーサービスのバイトBest3をご紹介します!

Uber Eats
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、配達単価は低めですが、配達件数が一番多いので、結局一番稼げます。

デリバリーバイトをやる全ての人は登録必須と言えるべきサービスです。

まずはUber Eatsに登録して基本を学びましょう。

募集エリア35都道府県(Uber Eatsエリア
平均時給約1,500~2,000円
特徴・フードデリバリーバイトの先駆者
・配達件数が一番多い
おすすめ度

詳細ページ公式サイト

DiDi Food
DiDi Food 配達パートナー募集

DiDi Food(ディディフード)は特に大阪では人気があり、大阪ではUber Eatsと同じくらい稼げます。

DiDiフードでは、配達車両を複数登録でき、「今日は自転車で配達して、明日は原付バイクで配達する」ということが可能です!

最短2日で登録完了できるので、なるべく早く配達したいという方にも最適です。

募集エリア愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県
平均時給約1,000~1,500円
特徴・バイクの方が距離料金が高い
・配達車両を複数登録できる
・申し込みから最短2日で稼働できる
おすすめ度

詳細ページ公式サイト

menu
menu(メニュー)配達員募集

menu(メニュー)はフードデリバリーの中で一番利用できる県が多く、47都道府県すべての都道府県で利用できます。

menuは1件あたりの配達単価が高いので効率よく稼げます。

登録は全てオンラインで気軽に手続きができ、今ならエリア限定で1万円もらえるお友達招待キャンペーンを実施しています。

募集エリア47都道府県(menuエリア
平均時給約1,000~1,500円
特徴・招待ボーナスがある
・長距離の配達依頼が多い
おすすめ度

詳細ページ公式サイト

menu(メニュー)クーポン

【プロモーションコード】
tpg-8vfshx

タップしてコードをコピー

menu(メニュー)クーポン獲得方法

【a】Uber Eats フード注文

【プロモーションコード】
interjpe216j8ey

タップしてコードをコピー

Uber Eats(ウーバーイーツ)初回限定1,000円OFFクーポン適応方法

【初回2,000円クーポン】tpg-8vfshx
アプリをDL