Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の違いを比較!おすすめは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の違いを比較!おすすめは?
『おいしいデリバリー』オガワ編集長
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

新型コロナウイルスの影響もあり、今フードデリバリーサービスの需要が高まっています。

中でも断トツ有名なのがUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、最近日本発のサービスのmenu(メニュー)もテレビCMが放映されるくらい勢いがあります。

そこで、Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の違いを徹底比較しました。

注文する立場で比較

  • 配達エリアの違い
  • レストランの違い
  • アプリの使い方の違い
  • 料金はどっちが安い?
  • クーポン料金を比較

注文する立場の比較を見る

配達する立場で比較

  • 配達単価の違い
  • 配達依頼件数の違い
  • 収入はどっちが稼げる?

配達する立場の比較を見る

以上のことを比較しましたので、Uber Eats(ウーバーイーツ)かmenu(メニュー)で注文しようとしている方、配達してお金を稼ごうとしている方は是非ご覧ください!

Uber Eatsクーポン情報

Uber Eats フード注文

今Uber Eatsでは初回限定で合計3,400円割引クーポンを配布中です!

Uber Eatsを初めて利用する方は、Uber Eatsアプリの「クーポン・プロモーション」欄に以下のプロモーションコードを入力すると、1,700円×2回の合計3,400円割引クーポンが入手できます。

クーポンを利用すれば、多くの場合、店舗で食べるより安く利用できるので、まだUber Eatsを利用したことがない方はぜひご活用ください!

【プロモーションコード】
やっぱり

タップしてコードをコピーする
 

【Uber Eats公式アプリ】
割引クーポンをGETする

※1,800円以上の注文に限りクーポン適用されます。

Uber Eats配達員の主な特徴は?
ウーバーイーツ配達員
  • 配達依頼件数がフードデリバリーの中で一番多いので稼ぎやすい
  • エリアや曜日、時間帯などによるが時給にすると平均1,300~2,000円くらい稼げる
  • チップ制度があるので、追加報酬がもらえる可能性がある
  • 報酬は週払いなので、金欠気味のときに助かる
  • 服装や髪型は完全自由。金髪、ヒゲ、ピアスなどOK!
  • 登録は全てWEB上で完結でき、最短1日で稼働できる

Uber Eats配達員の登録はこちら

Uber Eatsとmenuを注文する立場で比較

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)を注文する立場で比較

では、Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の料理を注文する側(ユーザー)の立場として違いを比較しました。

Uber Eatsとmenuの配達エリアを比較

配達エリアはmenu(メニュー)よりUber Eats(ウーバーイーツ)の方が広域です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のエリア全国47都道府県すべての都道府県で利用できますが、menu(メニュー)のエリア33都道府県です。

ただ、どちらもすべての市区町村では利用できません。地方都市だと県庁所在地の中心街だけしか利用できなかったりします。

レストランの違いを比較

加盟しているレストランの数はUber Eats(ウーバーイーツ)の方が断然多いです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は18万店舗以上、menu(メニュー)は9万1千店舗以上なので、約2倍違います。

どのようなレストランが提携しているのか違いを比較します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は個人レストラン、中小飲食店、大手チェーンレストラン、デリバリー専門店と多岐にわたり提携しています。

主要都市であれば、ハンバーガー、寿司、中華料理、カレー、タピオカドリンクなどどんなジャンルの料理も揃っているので、自分が食べたい料理を注文することができます。

関連記事

Uber Eatsのレストランについては以下の記事に詳しく記載していますのでご覧ください。

Uber EatsレストランおすすめランキングTOP20

一方、menu(メニュー)は、基本的には個人レストランと中小飲食店が中心です。大手チェーンレストランは牛角、ほっかほっか亭、すき家などありますが、一部店舗しか利用できません。

ただ、Uber Eats(ウーバーイーツ)に載っていない人気の個人レストランが結構menu(メニュー)に載っているので、それがmenu(メニュー)の魅力ではありますね。

Uber Eatsとmenuのアプリを比較

注文する側のアプリの使い方は、圧倒的にmenu(メニュー)よりUber Eats(ウーバーイーツ)のアプリの方が使い勝手が良いです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は絞り込み検索が豊富で、「価格帯」「最大配送手数料」「食事制限」で絞り込めます。

並べ替えは「おすすめ」「人気の料理」「評価」「配達時間」で並び替えできます。

それに加え、料理のジャンルで絞り込めたらいいのですが、料理のジャンルはカテゴリー分けされて検索できますし、特に不便なくレストランを探せます。

関連記事

Uber Eatsのアプリの使い方については以下の記事に詳しく記載していますのでご覧ください。

Uber Eatsの料理の注文方法とアプリの使い方

Uber Eats(ウーバーイーツ) 出前/フードデリバリー

Uber Eats(ウーバーイーツ) 出前/フードデリバリー

Uber Technologies, Inc.無料

一方、menu(メニュー)は「評価」「30分以内」「価格帯」でしか絞り込みできず、並び替えもできません。

「30分以内」というのは、到着予定時間が今から30分以内ということですが、30分以内にするとほとんどのレストランが消えます。

せめて30分以内、40分以内、50分以内とかの3段階くらいにしてくれれば使い道はあるのですが・・・。

あと、menu(メニュー)は送料で絞り込み検索できません。

menu(メニュー)の送料は300円~550円で、距離が遠いほど送料が高くなるシステムなのですが、その送料で絞り込み検索や並び替えできないのは不便ですね。

とはいえ、menu(メニュー)のデリバリーはまだ2020年4月に始まったばかりなので、これから改善されていくと思います。

menu(メニュー)-フードデリバリー

menu(メニュー)-フードデリバリー

menu, Inc.無料

Uber Eatsとmenuの料金はどっちが安い?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の料金はどっちが安いか?結論から言うと、基本的には料理代金が1,000円以下だとUber Eats(ウーバーイーツ)の方が安く、1,000円以上だとmenu(メニュー)の方が料金安いです。

まず前提として、Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の料理の料金は同額です。

全てのレストランを確認したわけではないので中には違うレストランもあるかもしれませんが、何店舗か比較したところ、Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)で料理の料金を変えているレストランはありませんでした。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の料理の料金比較
Uber Eatsとmenuの料理の料金は同額

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)では、送料や手数料はどのように違うのか比較表にしました。

項目Uber Eatsmenu
送料50円~300円~550円
サービス料料理代金の10%(上限350円)なし
少額注文手数料700円未満で150円1,000円未満で150円

menu(メニュー)の送料は300円~550円で、距離が遠いほど送料が高くなるシステムです。

一方、Uber Eats(ウーバーイーツ)はmenu(メニュー)より送料が安い代わりに、料理代金に対してサービス料10%が掛かります。

送料だけなら比較しやすいのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は料理代金によって手数料が変わるので、一概に比較しにくいですが、同じ場所から同じレストランの同じ料理を注文するといくらかかるのか比較してみます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)料理代金約800円の料金比較
料理代金約800円の場合

料理代金が810円の場合、Uber Eats(ウーバーイーツ)の方が219円安いという結果になりました。

menu(メニュー)は1,000円未満、Uber Eats(ウーバーイーツ)は700円未満の場合、少額注文手数料150円がつくので、料理代金が1,000円未満の場合はUber Eats(ウーバーイーツ)の方が安くなります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)料理代金約2,300円の料金比較
料理代金約2,300円の場合

料理代金が2,300円の場合、menu(メニュー)の方が80円安いという結果になりました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は料理代金に対して10%のサービス料が掛かる分、料理代金が高くなるほど手数料が高くなります。

だいたい料理代金が1,500円以上になると、Uber Eats(ウーバーイーツ)よりmenu(メニュー)の方が料金安くなります。

関連記事

Uber Eatsの送料については以下の記事に詳しく記載していますのでご覧ください。

Uber Eatsの料金は高い?送料や手数料はいくらかかるか

クーポン料金やキャンペーンを比較

Uber Eats(ウーバーイーツ)もmenu(メニュー)も初回限定クーポンを発行しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のクーポン

Uber Eats(ウーバーイーツ)を初めて利用する方は、プロモーションコード【やっぱり】を入力しますと、3,400円の割引クーポンが入手できますので、ぜひ利用してみてください!

【2024年6月】Uber Eatsのクーポン最新情報!初回・2回目以降のプロモーションコード
【2024年6月】Uber Eatsのクーポン最新情報!初回・2回目以降のプロモーションコード

menu(メニュー)のクーポン

menu(メニュー)を初めて利用する方は、私の招待コード【MAUC_KFAB75】をクーポンコード入力画面に入力すると、デリバリーで利用できる1,200円×1回・700円×4回の合計4,000円分がもらえます。

初回限定なので、menu(メニュー)のアプリをインストールしたら、まずはこのお友達招待クーポンを利用することをおすすめします。

menu初回限定クーポン情報
menu(メニュー)初回限定クーポン情報

今、menuでは初回限定で合計4,000円割引クーポンを配布中です!

menuアプリの「クーポンコード入力」欄にクーポンコード【MAUC_KFAB75】と入力すると、1,200円×1回・700円×4回の合計4,000円分のクーポンがもらえます。

クーポンを利用すれば、店舗で食べるより安く利用できるので、まだWoltを利用したことがない方はぜひご活用ください!

【クーポン金額】
合計4,000円
(1,200円×1回・700円×4回)

【プロモーションコード】
MAUC_KFAB75

タップしてコードをコピーする
 

【menu公式サイト】
menu割引クーポンを入手する

Uber Eatsとmenuを配達する立場で比較

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)を配達する立場で比較

続いて、配達員として働く側の立場としてUber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)を比較していきます。

Uber Eatsとmenuの配達員の主な違う点

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の配達員の主な違いを比較します。

Uber Eatsとmenuの配達員の主な違い
  • menuはレストランに料理を受け取りに行くときも距離報酬が加算されるが、Uber Eatsはない
  • menuの方がUber Eatsよりロングピック・ロングドロップの配達になることが多い
  • menuは配達依頼を複数の配達員に同時に送っているため、早く配達依頼を受けた人が受けられる(早押し制)

Uber Eatsとmenuの配達1回の報酬単価の違い

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の配達1回あたりの報酬単価はどちらが高いか、結論から言うとmenu(メニュー)の方が1回の配達単価は高いです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達1回あたりの報酬単価は平均500~650円くらいです。

一方、menu(メニュー)の配達1回あたりの報酬単価は550~750円くらいです。

よってmenu(メニュー)の方が100円くらい1回の配達単価は高いです。

menu配達員の登録キャンペーン
menu(メニュー)配達員の登録キャンペーン条件

現在menuでは、配達員の登録キャンペーン実施中です!

menu配達員の登録フォームの「招待コード」欄に、招待コード【FJN564】と入力し、条件を配達すると最大10,000円の追加報酬がもらえます。

北海道・東京・神奈川県・千葉県だけのキャンペーンですので、対象地域にお住まいの方はぜひ招待コードを入力して、menu配達員に登録してください!

【招待コード】
FJN564

タップしてコードをコピーする

【menu配達員公式サイト】
menu配達員に登録する

※2024年5月6日までに規定回数の配達をしないと報酬はもらえません。早く登録すればするほど条件を満たせるので、なるべく早く登録することをオススメします。 

Uber Eatsとmenuの配達依頼件数の違い

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の配達依頼件数はどちらが多いのか、結論から言うとUber Eats(ウーバーイーツ)の方が配達依頼件数は多いです。

エリアや曜日、時間帯によって変わるので一概に言えませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は1時間3~5件くらいで、menu(メニュー)は1時間2~3件くらいです。

収入はUber Eatsとmenuどっちが稼げる?

1回の配達単価が高いmenu(メニュー)と配達依頼件数が多いUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、結局どっちが稼げるのか、結論から言うとUber Eats(ウーバーイーツ)の方が時給が高く稼げます。

やはりmenu(メニュー)よりUber Eats(ウーバーイーツ)の方が配達依頼件数は圧倒的に多いので稼げます。

時給でいうと、menu(メニュー)の時給は平均1,000~1,500円、Uber Eats(ウーバーイーツ)の時給は1,300~1,800円くらいです。

ちなみに、2022年3月に当サイトのLINE公式アカウント内で、Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の両方を登録している方を対象に、「Uber Eatsとmenuはどっちが稼げるか?」とアンケート調査したところ、74名の方から回答をいただきました。

アンケートでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の方が稼げると回答した人は94.6%(74人中70人)、menu(メニュー)の方が稼げると回答した人は5.4%(74人中4人)という結果になりました。

圧倒的にmenu(メニュー)よりUber Eats(ウーバーイーツ)の方が稼げると感じている人が多いようです!

初めての配達バイトにオススメ

※登録は面接もなくWEB上で完結。Uber公式サイトから応募して、最短1日で始められます。

結局Uber Eatsとmenuどっちがオススメ?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)を比較しましたが、最後にどのような人にUber Eatsとmenuがオススメかまとめました。

注文するならオススメはどっち?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の注文者のまとめです。各サービスはどのような人にオススメできるかまとめました。

Uber Eatsがオススメな人

  • 1人暮らし
  • 地方都市
  • 到着が早いので、なるべく早く食べたいとき

menuがオススメな人

  • 家族など大人数
  • 東京都内など大都市
  • 口コミを見たい人

やっぱりUber Eats(ウーバーイーツ)は一度試してみる価値があるオススメのフードデリバリーアプリです。

加盟店舗が日本で最も多いため、コンビニから地元の人気レストランまで、さまざまな選択肢があります。

配達員の数も多いので、他のデリバリーサービスよりも迅速に配達されます。

一方、menu(メニュー)は地方都市だと加盟店舗が少ないので、東京都内や大阪市内など大都市で利用する人にオススメです。

とはいえ、両サービスとも初回限定クーポンがあるので、Uber Eatsもmenuも一度は利用してみることをオススメします!

出前・宅配・フードデリバリーアプリ10種を比較!おすすめアプリは?
出前・宅配・フードデリバリーアプリ10種を比較!おすすめアプリは?
Uber Eatsクーポン情報

Uber Eats フード注文

今Uber Eatsでは初回限定で合計3,400円割引クーポンを配布中です!

Uber Eatsを初めて利用する方は、Uber Eatsアプリの「クーポン・プロモーション」欄に以下のプロモーションコードを入力すると、1,700円×2回の合計3,400円割引クーポンが入手できます。

クーポンを利用すれば、多くの場合、店舗で食べるより安く利用できるので、まだUber Eatsを利用したことがない方はぜひご活用ください!

【プロモーションコード】
やっぱり

タップしてコードをコピーする
 

【Uber Eats公式アプリ】
割引クーポンをGETする

※1,800円以上の注文に限りクーポン適用されます。

配達員のオススメはどっち?

続いて、Uber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)の配達員のまとめです。各サービスはどのような人にオススメできるかまとめました。

Uber Eatsがオススメな人

  • フードデリバリー配達員の仕事が未経験の人
  • 給料は週払いなので、なるべく早くお金が欲しい人
  • とにかくお金を稼ぎたい人
  • 自転車で配達する人

menuがオススメな人

  • チップが欲しい人
  • バイクや車で配達する人

配達員として働くのにオススメなのはUber Eats(ウーバーイーツ)です。

やはり配達依頼件数が全然違うので、稼げる金額がUber Eatsの断然高いです。

もちろん登録無料ですので、両サービスとも登録しておいて損は一切ありません。

実際に最近はUber Eats(ウーバーイーツ)とmenu(メニュー)を両方登録して、同時にオンラインにして、先に鳴った方に行くというやり方で稼いでいる人が東京都内で増えてきています。

それと、出前館の配達員にも登録している人は多いですね。

配達1件あたりの報酬も最も高く、土日は1件あたり約1,000円になることもありますし、配達依頼件数も多いのでエリアによってはUber Eats(ウーバーイーツ)より稼げます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)と掛け持ちすることで、日給2万円以上稼いでいる人も結構多いですよ!

サービスは1つに絞る必要はないので、Uber Eats(ウーバーイーツ)、menu(メニュー)、そして出前館など色々なサービスを利用してみることをオススメします。

【2024年最新】フードデリバリーの配達バイト厳選6社を徹底比較!おすすめランキング
【2024年最新】フードデリバリーの配達バイト厳選6社を徹底比較!おすすめランキング
Uber Eats配達員の主な特徴は?
ウーバーイーツ配達員
  • 配達依頼件数がフードデリバリーの中で一番多いので稼ぎやすい
  • エリアや曜日、時間帯などによるが時給にすると平均1,300~2,000円くらい稼げる
  • チップ制度があるので、追加報酬がもらえる可能性がある
  • 報酬は週払いなので、金欠気味のときに助かる
  • 服装や髪型は完全自由。金髪、ヒゲ、ピアスなどOK!
  • 登録は全てWEB上で完結でき、最短1日で稼働できる

Uber Eats配達員の登録はこちら

ABOUT ME
『おいしいデリバリー』オガワ編集長
『おいしいデリバリー』オガワ編集長
日本最大級の出前・宅配・フードデリバリー情報メディア『おいしいデリバリー』の編集長。2017年8月にUber Eatsに登録して以来、複数のフードデリバリーサービスで配達員を経験している。
初めての配達バイトにオススメ
Uber Eats配達パートナー
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員
暇な時間をお金に変えよう!
記事URLをコピーしました